松本まりか、マヂカルラブリーに影響を与えた地下芸人のネタに「才能しか感じない」

松本まりか劇団ひとりが“劇団まりか”としてMCを務める『ひみつのイチバンボシ』(フジテレビ ※関東ローカル)が、5月12日に放送。マヂカルラブリー野田クリスタル村上)が尊敬するモダンタイムス川崎誠としみつ)のネタにインターネット上で反響が寄せられた。

同番組は、今をときめくスターたちが「この人、すごい!」と衝撃を受けた“心の中のナンバーワンスター”=ひみつのイチバンボシを紹介していくバラエティ。

マヂカルラブリーといえば、昨年の『M-1グランプリ』で「あんなの漫才じゃない」論争を巻き起こしたことが記憶に新しい。実は18年前、野田が17歳の時に出会ったあるお笑いコンビこそが、「あんなの漫才じゃない」の原点だったという。のちに、相方・村上にも影響を与えたというそのお笑いコンビこそが、漫才もコントも超えた唯一無二の笑いを生み出す地下芸人コンビ・モダンタイムス。野田は彼らのネタを初めて見たときに、膝が震えるほどの衝撃を受けたと明かす。

番組では、芸歴20年のモダンタイムスを密着。今年42歳の川崎は、去年の4月に彼女の家を追い出されて以来ライブハウスに寝泊まりしており、お金はなくてもアルバイトはせず、お笑い一本で生活。相方のとしみつは蒲田のワンルームに住み、週2回アルバイトをしている。2人は小学校3年生の時に出会い、高校卒業と共に青森から上京。事務所に所属せず、小劇場の舞台に立ち続け、マヂカルラブリーをはじめ、アルコ&ピースゴー☆ジャス錦鯉などと共に舞台に上がっていた。周囲からは「モダンタイムスの周りはみんな売れる」と言われてきたという。

スタジオでは、モダンタイムスが登場しネタを披露。漫才でもコントでもないお笑いを披露した2人に、野田は「こういうネタをやる人たちっていう定義もないんですよ、全ネタがまるで違うんですよ。違うのに全部何か筋が一本通ってるというか」とコメント。村上も「芯にあるぐちゃぐちゃの汚い玉が一緒なんですよ」と続けた。

一方の松本は、「理解が追いつかない。才能しか感じないですよね。天才ってこういうことなのかな?」とコメントすると、劇団ひとりは「ハリウッドザコシショウとか同じ感じでしょ? あの人たちはハマったらめちゃめちゃ揺れるからね」とツボに入れば強いと語る。

また、劇団ひとりが“売れるとは何を基準に売れることか?”と質問すると、モダンタイムスは、テレビに出演し売れている芸人に見つけて言ってもらえることだと回答。野田は、「自分で呼ばれている時じゃないですか? まだ僕らは“M-1チャンピオン”で呼ばれてるから売れてるとは思わない」と言い、“M-1チャンピオン”の肩書が今年の『M-1グランプリ』でなくなり、その後もまたテレビに呼ばれてるならようやく売れたということではないかと力説した。

ネット上では、モダンタイムズのネタに反響が。「爆笑してしまった!」「マヂラブが影響受けてるの分かる」「ネタ生で見てみたい」「面白い」などの声があがった。

次回は5月19日に放送。川栄李奈が衝撃を受けた“名バイプレイヤー”を、尾崎世界観クリープハイプ)が心を奪われた“孤高のラッパー”を紹介する。

PICK UP