広末涼子“爽”が玉木宏“漣”に拳銃を突きつけて…緊迫シーンに「泣けた」「それぞれの葛藤がジンジン伝わる」

玉木宏主演のドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第2話が、4月22日に放送。インターネット上では、広末涼子との演技合戦に圧倒される声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年、日本テレビ系)など衝撃作を次々と手がけてきた脚本家・武藤将吾が紡ぐオリジナルストーリー。警視庁の頂点である“警視総監の座”をめぐる出世争いを軸に、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマを描く。玉木が演じるのは、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣。漣の幼馴染で、正義感に燃える警視庁捜査一課の水樹爽を広末涼子が演じる。

ボーガンの矢で襲われる連続通り魔事件が発生。しかし、負傷者はゼロだという。この捜査指揮を担当するのは漣だ。同時期、警視正昇進候補者3人のうちの1人に選出される。警視正のポストの空きは2人。誰を推薦するべきか、地方大学出身「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)、薩摩出身「薩摩派」警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)、東大出身「東大派」警務部長・吉永晴樹(光石研)らで話し合いが行われた。

権藤秀夫(吉田鋼太郎)、吉永晴樹(光石研)、千堂大善(椎名桔平)
権藤秀夫(吉田鋼太郎)、吉永晴樹(光石研)、千堂大善(椎名桔平)

しかし、話は平行線。「チンピラ風情の烏合の衆」などと煽られた千堂は「コネでしか出世できない薩摩派には言われたくない」と言い返すなど、結局は喧嘩状態に。そこに、警視総監・荒牧雄彦(段田安則)がやってきて、1週間後に決選投票をするよう持ちかけた。東大派と薩摩派が投票者の半数を占めているため、漣は劣勢状態。通り魔事件だって大した評価にはならないという。

漣は千堂に「仮にですが、通り魔事件が社会的に大きな反響を呼んだら、私の評価も変わってきますか?」と問いかける。じつは、すでに犯人の目星はついており、あえて通り魔を泳がせていた漣。彼は、こうつぶやく。「この事件で必ずのし上がってみせる。それが俺の信じた道だ」。

警察が捜査をしていると、動画サイトで活躍する芸人・Mr.予言者(渡部豪太)が事件を予知し、犯行直後の現場を撮影する動画をアップしていた。なぜ彼は予知できるのか? 捜査一課は聞き込みをするが、裏には漣が絡んでいた。負傷者のいない事件だったものの、とうとう矢が子供に刺さる傷害事件に発展する。

事件解決後、漣を呼び出す爽。彼女は「初めから知っていたんでしょ。通り魔事件の全貌」と指摘する。あくまでもトボケる漣だが、出世のために、芸人の動画を使って世の中に注目させるよう仕向けたと、彼の思惑まで言い当てた。泳がせていなければ、今回の事件を防ぐことができたのだ。「ユニークな考察」「憶測にすぎない」と言い、その場をあとにしようとする漣に拳銃を向ける爽。

「私の憶測が正しければ、あんたは警察にいる人間じゃない。今すぐバッチを外して。なんでそんなに変わっちゃったの? 昔のあんたはそうじゃなかった」と訴える。幼い頃とは変わってしまったが、それでも漣を助けたいと語りかけた。しかし、漣は「あの頃には戻れない」とポツリ。なぜそこまでして警察のトップに立ちたいのか。漣の気持ちが分からないでいると、自殺した父親が、死の直前に言っていたというある言葉を明かす。

ネット上では、爽が漣を問い詰めるシーンに「広末さんと玉木くんの対決すごかった」「最後の爽とのやりとりに泣けた~」「漣と爽の緊迫した空気、それぞれの葛藤とかジンジン伝わる~爽にだけ見せる漣の素顔が辛い」「爽があそこまで突き止めたのにこれからどんな展開になるのか予想がつかない」との声があった。

次回は4月29日に放送。爽は暴力団から押収した拳銃を横流しした主犯を秘密裏に探るよう命じられる。