中村倫也“青山”のバーテン黒服&金髪ヤンキーの姿に「骨抜き」滝藤賢一の女装も話題

中村倫也が主演を務める『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第3話が、4月19日に放送された。インターネット上では、中村演じる青山一の様々な顔が話題になっていた。

原作は、「凪のお暇」などで知られるコナリミサト著「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデンコミックスEDENシリーズ)。移動珈琲店「たこ珈琲」を営む、中村演じる主人公・青山が、街から街へ、行く先々で人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく、優しくもほろ苦い人情群像劇。

青山のワゴンが急にパンクして動かなくなってしまった。そこを通りかかったスナックのママ・アケミ(滝藤賢一)に助けられた青山は、なぜかそのままスナックの手伝いをすることに。そこに偶然アケミの中学の同級生・遠藤(丸山智己)が初めてこの店にやって来た。2人は久々の再会を喜んで、遠藤は足繫く店に通い始めるようになった。

ある日アケミは、閉店まで残っていた遠藤から大事な客を非難され、見当違いな同情をされる。それを否定した途端、説教を始めた遠藤は怪しげな錠剤を取り出して飲み込んだ。「それ、何?」と聞いたが最後、遠藤は錠剤の押し売りを始め、契約を迫ってきた。アケミが遠藤の凄みに怯えていると、後ろで寝ていた青山がガバっと起き上がり、遠藤の胸倉を掴んで追い出した。

青山が去った後、珈琲焼酎が入ったグラスを傾けていたアケミは「あ、あの子……」と、青山が以前巻き込まれた乱闘騒ぎの中から助けてくれた男だと思い出す。「助けられたの2度目だ」とまた珈琲焼酎に口を付けた。

ネット上では、青山のアケミの店を手伝うバーテン姿や過去のシーンでの金髪姿について「青山氏の表情が瞬時に戦闘モードになるさまがかっこよすぎ」「黒服&金髪の破壊力の凄まじさで、骨抜きだった」「イケメンバーテンからの金髪まで青山のフルコース最高……私も拾いたい」と言ったコメントが見られた。

また、アケミを演じた滝藤に「滝藤さんの指も足もキレイすぎて嫉妬レベル」「滝藤さんがフツーに綺麗なお姉さん!」「どんな役でも似合っちゃう滝藤さんさすがだわ! アケミちゃんとヘルプの青山くんがいるスナック私も通いたい」と絶賛の声が寄せられた。

次回第4話は4月26日放送。青山の隠された過去が徐々に明らかになっていく。

PICK UP