松本まりか演じるアラフォー女子の人生を大地真央“ハルコ”が変える!?

大地真央が主演を務めるオトナの土ドラ『最高のオバハン 中島ハルコ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が、4月10日にスタートする。

美容外科医でクリニックの敏腕経営者でもあるアラ還名古屋嬢の中島ハルコ(大地)が、無駄なプライドから生まれる悩みや、忖度まみれの理不尽な仕事の悩みをばっさばっさと切り倒していく姿を痛快に描いていく本作。ハルコに出会ったことで翻弄されるアラフォー女子・菊池いづみを松本まりかが演じる。

<第1話あらすじ>
38歳独身、弱小出版社の編集兼フードライターの菊池いづみ(松本)は、ひとり名古屋の東山動植物園にいた。10年物の不倫相手に200万円を貸した後、5か月も連絡ナシ……。ため息交じりにイケメンゴリラを眺めていると、突然、携帯電話に着信が……。

「ちょっとあんた! シャバーニに会うときぐらい携帯切っときゃーよ!」といきなり一喝してくる隣のオバサン。その後、タクシーに乗ろうとすると、先ほどのオバサンがいきなり同乗、行き先が一緒と知るや勝手に運転手に指示を出しこう言い放つ!「あなたラッキーね、私と話せるなんて」。

着いたのは老舗ホテル。そこでパーティの取材を終えたいづみは、会場内で「ハルコ先生」と呼ばれ、ドレス姿で優雅に微笑む、あのオバサンを発見! その正体は自らを「美のスーパードクター」と名乗る中島ハルコ(大地)。東京・恵比寿の超人気美容クリニックを経営。名古屋では超有名セレブ、政財界からも一目置かれる人物だという。いづみはひょんなことからハルコとお近づきになり、計らいでホテルのスイートルームに宿泊させてもらうなど、別世界を味わうことに……。「私の事、もしかして、貴方の人生を変える女神って思うわよねえ」。ハルコの口ぶりはかなり怪しいが、後日、いづみは豪華なセレブパーティにお供するのだった。

第1話シーンカット
第1話シーンカット

そこで遭遇したのはイケメン実業家・大貫研一(袴田吉彦)と、その愛人・吉岡久美(大西礼芳)。くしくも10年物の不倫女を前に、自身の境遇を重ねて心苦しくなるいづみ。久美はハルコに「彼が籍を抜いてくれないと再婚できない」ととんでもない相談を持ち掛けるが、そこで、ハルコが放った超毒舌アドバイスとは!? さらに矛先は絶賛不倫中のいづみにも向くかと思いきや……。オトナの土ドラ史上最強スーパーレディ爆誕! 世の悩みや不正をなぎ倒す、痛快毒舌エンターテインメント、開幕!