栗山千明演じる恋愛初心者女子、イケメン後輩・小関裕太に飲みに誘われ…『ラブコメの掟』スタート

栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)が、4月7日からスタート。栗山は、見た目“百戦錬磨”風、なのに実際は彼氏いない歴15年の超ド級の恋愛初心者・九条瑠璃を演じる。

九条瑠璃(栗山千明)
九条瑠璃(栗山千明)

本作は、恋愛経験豊富な仮面を被ったこじらせ姫・九条瑠璃(栗山)と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。ずっとラブストーリーがやりたかったという河原瑶監督が、「下手な小細工は一切なしのザッツ・ラブコメ」に真正面から挑む注目作だ。

後輩・真宮亮(小関裕太)
後輩・真宮亮(小関裕太)

<第1話あらすじ>
九条瑠璃(栗山)は、電子コミックの編集部で働く優秀なアラサー。パーフェクトな外見と言動から恋愛経験豊富と思われてきた。しかし実際は、15年前の大学時代に彼氏が一瞬いただけの恋愛ド素人。そんな瑠璃が、“見た目も中身もパーフェクト”な職場の後輩・真宮亮(小関)から突然、飲みに誘われ恋愛相談を持ち掛けられる。

後輩・真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)
後輩・真宮亮(小関裕太)、九条瑠璃(栗山千明)

「誰と付き合っても3か月以上続かない」と打ち明ける亮に、「あなたがまだ本当の出会いをしていないだけよ」とドヤ顔で答える瑠璃。これもすべて瑠璃が少女漫画から得た知識だった。しかも……飲みすぎた瑠璃が翌朝目を覚ますと、隣には亮の姿が! 瑠璃の頭の中は大パニック。そして、なぜか瑠璃は亮に恋愛指南をすることになり……。

理想の彼氏像を体現していく亮に瑠璃の15年ぶりのトキメキが止まらない!

画像ギャラリー