杉野遥亮、大島てるに紹介された「事故物件の聖地」で怪奇酒!桁違いの霊の気配を感じ…

事故物件サイトの管理人・大島てると雑誌「ムー」の第5代目編集長・三上丈晴が、3月26日に放送される杉野遥亮の主演作ドラマ25『東京怪奇酒』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の最終話に本人役で出演する。

杉野遥亮
杉野遥亮

同ドラマは、漫画家・清野とおるが知人から心霊話を聞き、そのスポットにわざわざ出向き飲酒するという実体験を描いた「東京怪奇酒」(KADOKAWA刊)が原作で、杉野は本人役で出演する。また、“怪奇酒”とは、心霊現象の起きた場所に一人で行き、恐怖心や高揚感の中で酒を飲むこと。※基本ルールとして、実際に心霊体験をした本人から話を聞く。その場に合った酒・つまみを持参する。

前回の第5話は、人気怪談家芸人・ありがとうぁみと生き霊が見える芸人・シークエンスはやともスマイルシーサーヤースーが登場。杉野は、怪奇酒をしたいという岡山天音(本人)とともに、吉本の劇場「ヨシモト∞ホール」へ向かうことに……。

<最終話 あらすじ>
普通の怪奇酒では満たされなくなった杉野(本人)は、さらに強い刺激を求め、事故物件サイトの管理人・大島てる(本人)のもとへ。そこで紹介されたのは“事故物件の聖地”ともいえる全階いわくつきのアパートだった。今までとは桁違いの霊の気配を感じ興奮する杉野。1階は殺人、2階は自殺した犯人が住んでおり、3階は友人同士の喧嘩からその片方が殺されたという究極の事故物件……。

雑誌「ムー」の第5代目編集長・三上丈晴と事故物件サイトの管理人・大島てる
雑誌「ムー」の第5代目編集長・三上丈晴と事故物件サイトの管理人・大島てる

憑りつかれたように足を進める杉野が屋上へ辿り着くと、とんでもない景色をみることに……。

杉野遥亮
杉野遥亮

PICK UP