草刈正雄“神田”、ライブで孤立した小関裕太を見てある決意を…『おじ猫』最終話

草刈正雄が主演のドラマParavi『おじさまと猫』(テレビ東京系、毎週水曜24:58~)の最終話が3月24日に放送される。

本作は、桜井海による同名コミックを実写ドラマ化。妻に先立たれて以来、孤独な日々を過ごす世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈)が、たまたま通りかかったペットショップで出会ったエキゾチックショートヘアのオス猫に一目惚れ。ふくまる(声:神木隆之介)と名付け、共同生活を送る姿を描く。

神田(草刈正雄)
神田(草刈正雄)

前回の第11話では、親友・小林(升毅)とライブハウスへ出かけた神田(草刈)だが、帰宅するとふくまる(声:神木)が家からいなくなっていた! 懸命に捜索する神田と仲間たちは……。

<最終話 あらすじ>
神田(草刈)と再会し、無事家に帰ってきたふくまる(声:神木)。安心するも、ふと孤独に過ごした日々がこみ上げ、泣き出してしまう。そんなふくまるに神田はそっと寄り添うのだった。

ふくまる(声:神木隆之介)
ふくまる(声:神木隆之介)

一方、同僚・森山良春(小関裕太)のライブが翌日に迫っていた。ふくまるの捜索に協力してくれた皆のためにも、神田はライブに行くことを決意する。しかし翌日、会場で神田が目にしたのは、仲間に見捨てられ、ステージで1人立ち尽くす森山の姿だった……。

ライブで孤立した森山(小関裕太)の姿をみた神田(草刈正雄)は…
ライブで孤立した森山(小関裕太)の姿をみた神田(草刈正雄)は…

そんな彼のために神田ができること、それは……。

PICK UP