セカオワFukase、メンバー唯一独り身の心境を吐露「そんなん寂しいですよ」

SEKAI NO OWARINakajin、Fukase、Saori、DJ LOVE)が、3月22日21時から放送された『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体SP』(日本テレビ系)内の『しゃべくり007』パートに出演。メンバーが家庭を持つ中、Fukaseが独り身の寂しい心情を明かした。

グループが今年デビュー10周年を迎えるということで、MCの上田晋也くりぃむしちゅー)が「Nakajinさんつらいこととかありましたか? この10年」と質問。Nakajinは、「Saoriちゃんが妊娠してた時はやっぱりメンバー3人だけで仕事に行かなきゃいけない。3人だけで取材を受けるみたいなこととか結構あって、何かその時の楽屋の感じとかがほんと全然違う。これだったらあんなファンタジックな音楽作ってなかったかな。もっとゴリゴリのことやってたんじゃないかな?」と吐露。女性が入るだけで、「明るくもなりますし、繋げてくれる」と続けると、Fukaseが「ほんっとに男3人だとラーメンの話とかしかしないからね」と笑えば、DJ LOVEも「その時撮影して、3人だけしか映ってない写真見ると、これ売れねぇんじゃねぇか?」と感じたと言い、「やっぱバランス悪いですよ」と男性メンバー3人がSaoriの存在の大きさを明かした。

また、Fukase以外は結婚して子供もいることから、福田充徳チュートリアル)が「ちょっと寂しくありません? みんな家庭に帰って行く感じが」と意見すると、Fukaseは「そんなん寂しいですよ」とポツリ。リモートミーティングの話では、「4画面に分かれてしゃべってるじゃないですか。それでバイバイってやってる時に、みんな膝の上に自分の子供を乗せるんですよ。それがプツンと切れた瞬間の俺の顔ですよ」と独り身の寂しさを物語るエピソードを語った。

他にも、DJ LOVE以外は小学校から一緒の幼なじみで、親同士も付き合いが長く親交は深い。するとSaoriが、「(Fukaseが)うちのお母さんと最近バドミントンをはじめて」と告白。Fukaseは、「Saoriちゃんのお母さんにバドミントンチームに入らないかって」と誘われたと言い、Saoriの母と週2でバドミントンをしているとを明かした。

その後、番組では「正しい終わりはどっち?2択終わりクイズ」を行ったほか、昨年話題となった『この恋あたためますか』(TBS系)の主題歌「silent」を特別セットでパフォーマンス。インターネット上では、「最高すぎた。いっぱいセカオワの曲きけたし4人笑ってるとこっちまで笑顔になる」「セカオワのsilent最高でした」「深瀬さん以外の3人が、結婚して子供いるのびっくりしてる」「えまってまってセカオワっていつの間に深瀬以外結婚してたの!!!!」 「深瀬さんとさおりちゃんママが週2でバドミントンしてんのおもろい」「セカオワ出てるのかなり貴重」などのコメントが寄せられた。

次回は4月5日に放送される。

PICK UP