高畑充希“真空”への井浦新“朔”&北村匠海“太陽”のキスシーンに「宇宙一美しい」

公開:

高畑充希主演の『にじいろカルテ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00〜)の最終話が、3月18日に放送。インターネット上では、これまで見たことのないキスシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

東京の大病院から虹ノ村診療所で働くことになった多発性筋炎を抱える内科医・紅野真空(高畑)が、ひょんなことから“オレ様外科医”浅黄朔先生(井浦新)といじられキャラの看護師・蒼山太陽(北村匠海)とシェアハウスすることに。普通の医療ドラマとは一線を画す、ちょっとダメで人間臭い医者たちが、個性豊かな村人たちとともに困難に立ち向かう物語。

真空(高畑充希)は倒れてしまう
真空(高畑充希)は倒れてしまう

みんなで食事を楽しんでいると、真空が倒れた。窒息寸前だったが、朔たちの応急処置でなんとか気道を確保。自分の命の危険がさらされ、苦しそうにしながらも「佐和子(水野久美)さんよろしく。雪乃(安達祐実)さんが……」と自分が受け持つ患者の心配をする。そんな彼女に、朔は「わかった。俺たちに任せろ!」と安心させた。

病院へ搬送する救急車の中でも「もう大丈夫だ。安心しろ」と声をかけ続ける朔。容態が若干安定したとき、彼は笑顔で「この日がきちゃったな。少し長い入院になると思う。分かるよな?『村の診療所で働くのは無理だ。諦めろ』そう言われるかもしれない。でも帰ってこい。絶対帰ってこい。いいか。あそこは、お前の家だよ。分かったな?」と問いかけた。

朔(井浦新)、真空(高畑充希)、太陽(北村匠海)
朔(井浦新)、真空(高畑充希)、太陽(北村匠海)

そして隣にいた太陽も自分の気持ちを伝えた。

「真空先生言いましたよね。『体が動かなくなっても三人でいてやる』って言いましたよね。約束は守ってもらいますから。(彼女は太陽を見つめるのみで)なんで『はい』って言わないんだよ。なんでうなずかないんだよ。ふざけんなよ。俺は認めないから。医者でも患者でもどっちでもいいよ。真空さんが必要なんだよ。俺たち一緒に生きるんでしょ?」

朔は真空の“負け”だと表現。手を握り返した彼女に二人はキスをした。真空は息を切らせながらも、しっかりと言葉を紡ぐように「……モテモテだ」と笑顔に。そして二人は何度も彼女にキスをした。

夜になって太陽と朔が帰宅。そのままになった食事を片付け、翌朝には真空がいないことを告げる張り紙も貼った。それから、虹ノ村に真空がいない生活が始まった。彼女の代わりに奮闘する朔と太陽。どこか寂しそうにする村の住民たち。

診療所チームとしてのど自慢大会に出場
診療所チームとしてのど自慢大会に出場

村では、診療所チームが参加したのど自慢大会の放送をみんなで視聴。まだ真空が元気だった頃だ。彼女は歌う前に「みなさん。辛いことがたくさんあると思います。でも、あの綺麗な虹は、雨が降らないと見られません。みなさんの心の中の雨がやんで、きれいな虹が見られますように」と伝え、歌を歌い始めた……。

ネット上では、最終話を迎えた本作への感謝と、キスシーンに「最終回も愛おしいシーンばかりだった」「真空先生のキュートさと、村の美しさ実写版ジブリのようでした」「宇宙一美しいキスシーン忘れません」「あそこまで綺麗な愛の表現の仕方反則すぎる」との声があった。

画像ギャラリー