他人に執着しすぎた水川あさみ“栄利子”と山田真歩“翔子”、それぞれが選んだ道とは

水川あさみが主演を務める土曜ドラマ9『ナイルパーチの女子会』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の最終話が3月20日に放送される。

同ドラマは、「第28回山本周五郎賞」「第3回高校生直木賞」を受賞した柚木麻子による同名小説が原作。水川は、大手総合商社に勤め男性と肩を並べて活躍し、一見順風満帆な人生を送っているように見えて、実は女友達がいないという唯一にして最大のコンプレックスを抱える主人公の志村栄利子を演じる。そして、栄利子が心酔しているSNS日記「おひょうのダメ奥さん日記」の作者・丸尾翔子を山田真歩が演じる。

また、栄利子の同期・杉下康行役に淵上泰史。派遣社員・高杉真織役に小池里奈。翔子の夫・丸尾賢介役に篠原篤。翔子の行きつけのカフェ「ターンテーブル」の店員・橋本弘毅役に田村心。さらに、栄利子の過去と深いかかわりのある、かつての親友・小笠原圭子を森矢カンナが演じる。

前回の第7話で、日記ブログをやめたいという翔子(山田)に、栄利子(水川)は苛立ちを隠せず口論に。触れてほしくないことまで持ち出され、2人の関係は泥沼化。いさかいの末に、栄利子は翔子を解放し「あなたも私も、女友達なんて一生できない人種なんだから」と告げて、去っていった。

<最終話 あらすじ>
最後に会った日から、一切連絡を取っていない栄利子(水川)と翔子(山田)。栄利子は、同僚の杉下(淵上)と真織(小池)を巻き込んだ壮絶な修羅場を迎え、翔子もまた、夫の賢介(篠原)とうまくいかず実家に戻ることに……。

篠原篤、山田真歩
篠原篤、山田真歩

他人と触れ合うことでしか自分を確かめる術がないがために、他人に執着し、大切なものを失った2人は、少しずつ自身が抱える問題と向き合い始める。

山田真歩
山田真歩

そして、最後に2人が選んだそれぞれの道とは……。