新田真剣佑の指摘に有田哲平が困惑?「やり慣れていない感がある新田を見てほしい」

新田真剣佑柴田英嗣アンタッチャブル)が、3月19日に放送される『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00~)に出演する。

同番組は、世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCはアリタ哲平ことくりぃむしちゅー有田哲平が務め、キャスターとして小澤陽子アナ、全力解説員として岸博幸齋藤孝が出演する。

今回は、昭和と令和の価値観の違いについて、それぞれの時代のランキングを見比べながらスタジオで価値観の変遷を考えていく。ボードを使ってランキングを見比べていくが、MCのアリタは柴田に、ボードの記述に間違いがあるかもしれないのでその際はツッコんでほしいと依頼する。事前の打ち合わせと違うと不満を言う柴田だったが渋々了承。さっそく「2021年」とすべきところが「22021年」となっているとツッコミを入れ、新田を驚かせる。

「住みたい街ランキング」では、1位から5位まで昭和のランキングが明かされており、隠されている令和のランキングをめくり、アリタが柴田に意味ありげに感想を求める。そんなアリタの思惑を察知した柴田は、間違いが判別しにくい令和の「住みたい街ランキング」に対して、なかば無理やりに次々と間違いと思われる箇所を指摘していく。しかし、柴田の指摘は全て間違っていることが判明し、柴田は恥ずかしい思いをすることに。その後、新田が間違いを発見したと発言するが、新田の指摘は、柴田はもちろん、アリタさえも困惑する内容で……。

このほか「小学生のテンションが上がる給食ランキング」や「大手自動車メーカーの人気ランキング」などで、令和のランキングに対して、矢継ぎ早にツッコミを入れていく柴田だったが、ボード内の誤りがあまりにもマニアックすぎて、ことごとく的外れな指摘となってしまう。その後も、ボード内の誤りは、誤りというより“こじつけ”に近い内容となっていき、柴田は疲弊していく羽目に。

「THE美食遺産」では、絶品カレーうどんを滝沢カレンがナビゲートし、ここでも柴田のツッコミがさく裂する。

なお、先週の放送では、山崎紘菜屋敷裕政ニューヨーク)が出演。「激論!日本をこう変えるべき!」というテーマで、番組に寄せられた日本をこう変えるべきというさまざまな意見に対し、スタジオで賛成か反対かについて炎上覚悟で激論を交わした。

<新田真剣佑 コメント>
――オファーを聞いた際の気持ちはいかがでしたか?

この番組が大好きなので、また出演できることを楽しみにしていました。できることなら、毎週出演したいくらいです(笑)。

――収録を終えての感想をお願いします。

意外と台詞を覚えるのが大変でした。台詞のタイミングもあったので、そればかりに気をとられてしまって皆さんのお話が全然入ってこなかったです(笑)。後半は台詞がなかったので、普通に楽しんでしまいました。

――柴田さんとの共演についてはいかがでしたか?

頭の回転が早くて、とても良い方でした。僕には、あのツッコミはできないです。

――楽しみにされているファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

やはり俳優の現場とは全く違うので、やり慣れていない感がある新田を見てほしいです(笑)。

PICK UP