丸山隆平、大倉忠義と『知ってるワイフ』最終話で共演!“大量のあめ玉”がキーアイテムに

関ジャニ∞丸山隆平が、3月18日に放送される『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の最終話にスペシャルゲストとして出演する。再びタイムスリップした主人公・剣崎元春(大倉忠義/関ジャニ∞)がある場所で出会う人物を演じる。

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

丸山が演じるのは生粋の関西人で、ド派手な服を着ていてハイテンション。“大量のあめ玉”がふたりをつなぐキーアイテムに。一体、元春とどのようなシーンを展開するのか?

リハーサルの前にスタッフから「丸山隆平さんです!」と紹介されると、まず大倉がスタッフに「ありがとうございます」と頭を下げ、続けて丸山が「すみません、お邪魔します!」とあいさつ。やや緊張気味の丸山に、土方政人監督から「もう少しテンション上げてやってみてください」と演技のリクエストが伝えられると、大倉が「はよ、慣れてやー」とツッコみ、現場はなごやかな笑いに包まれた。収録が進んでいくと、丸山はアドリブを披露するように。本番は演技に集中している大倉も、「カット!」がかかると思わず声をあげて笑ってしまう一幕も。最後のカットを撮り終え、「丸山さん、オールアップです!」とスタッフから声が上がると、大倉は「ありがとう」と感謝を伝え、丸山は「こちらこそ、ありがとう! 引き続き頑張って下さい」と大倉やスタッフをねぎらった。

<丸山隆平 コメント>
――本作をご覧になられた感想について。

人生誰しもが一度は考える、あの時こうだったら、こうしていたら……を、元春を通じて体験している気分です。どうか、この物語に登場する人々、全てがいい方向に進んでくれることを、リアルに願ってしまっております。最終話! どうなるのかぁーーっ! とても楽しみです。

――大倉演じる剣崎元春について。

情けなくも人間らしい元春に共感して、喜んだり苦しんだりさせてもらっています。幸せになってほしいです。

――主題歌について。

関ジャニ∞の曲を使っていただきありがとうございます。個人的には大倉の歌うAメロが好きです。ドラマの世界観を象徴していますね。ドラマの中で流れると、涙腺がヤバいです。

――スペシャルゲストとしてご出演された心境について。

大倉とドラマの現場で会うのは、とても新鮮で照れくさかったです。あー、今はこの現場で闘ってるんやなって少しでも体感できて、貴重な時間を過ごさせてもらいました。懐かしいスタッフさんにも会えてうれしかったです。僕の役どころとしては、あ、関西弁やったなぁ(笑)。お楽しみに!