野村義男、マツコにギター愛を熱く語る!世界に2本しかないギターなど貴重な逸品が続々登場

公開:

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。3月9日は、「集めすぎちゃったSP」と題して、好きになったモノを集めるのは楽しいが、気付いたら集めすぎちゃったという専門家を集めて特集。アイス、カップラーメン、お菓子箱、昭和家電、古着きもの、ギターなど、マツコを圧倒する超物量の世界を一挙紹介する。

「冬アイスの世界」を語るのは、コンビニアイス評論家のアイスマン福留さん。夏にアイスの冷たさを楽しむだけでなく、冬にじっくりと味わって食べることが好きな人もいるとのことで、日本唯一のコンビニアイス評論家・福留さんが選りすぐった、冬にこそおすすめできるアイスを紹介する。

「お菓子箱の世界」では、フリーアナウンサーの堤信子が、昔懐かしい銘菓の缶や、捨ててしまうには勿体ない装丁を施したモノ、さらに高級店の限定お菓子箱など、事情通だけが知る情報をレクチャー。

「カップラーメンの世界」には、30年以上毎日カップラーメンを食べ続けるインスタント麺愛好家の大山即席斎さんが登場。食べたカップラーメンのフタを綺麗に拭いてしまい込む大山さんがカップラーメン・インスタントラーメンを解説しつつ、人気のちょい足しアレンジや、昔と今の味の変化も教える。

「昭和家電の世界」を語るのは、給料のほとんどを昭和家電につぎ込み、1万点以上も集めてしまったという冨永潤さん。その趣味が功を奏して映画やテレビドラマなどに昭和家電の貸し出しをしている冨永さんが、今やメーカーにも残っていない発売当時の超レアものや、家具調テレビなど、その製品を売るために試行錯誤したことが伺える“愛くるしい”機能をもった昭和家電を紹介する。

「古着きものの世界」には、1万点のコレクションを引き継いだ着物デザイナー池田由紀子さんが出演。母親から着物の店を引き継き2代目店主で、今や顧客からの信頼も厚く、ある芸能人の着物コーディネートを任されているという池田さんが、母親が生前にコレクションした明治、大正、昭和初期のモダンな着物を披露。そして、古い着物を、現代風に着こなすコーディネート術をマツコが学ぶ。

そして、「エレキギターの世界」には、集めたギターは300本以上という野村義男が登場。「自分の知らないギターが存在することが許せない」という野村が、思い入れたっぷりにギター愛を熱く語る。値段がつけられないギターや、世界に2本しかないギター、さらに愛車と交換したギターなど貴重な逸品が続々と登場する。

なお前回の放送では、「サンリオキャラクターの世界」と題して、キティちゃん、シナモロール、ポムポムプリンなど、世界で大人気のサンリオキャラクターが登場した。