岡田健史演じる光、浜辺美波“空”への繊細で優しい人柄に視聴者絶賛「いい人すぎる」「好感度爆上がりした」

菅野美穂が主演を務める水曜ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が2月17日に放送。インターネット上では、入野光(岡田健史)が見せた人柄に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

シングルマザーの恋愛小説家で少女のような天然母・水無瀬碧(菅野)と、しっかり者のオタク娘で“恋人いない歴=年齢”の空(浜辺美波)。とある理由から2人は突如決意する……「私たち、恋をしよう!」。娘にとっては人生初の、母にとっては久々の、“恋”! トモダチ母娘の、エキサイティング・ラブストーリー。

碧は“産みの母”ではない? 空の血液型がAB型に対し、母親の血液型がO型だと発覚。真相を確かめるため、空は病院へ行って血液検査を受けることを決意する。光もついて行くが、土壇場で空の決心がつかない。光は、そんな彼女に優しく寄り添う。

彼のおかげで決心のついた空は血液検査に。一方、光のもとに碧から電話がかかってくる。空が血液型の違和感に気づいたと知り、慌てて電話をしてきたのだ。光はあくまで冷静に「僕がついてますから」と返す。その後、血液型の判定が。彼女はまぎれもないAB型だった。

落ち込んでいる空を元気づけようと、笑い話をして場を和ませるも、どこか覇気がない。血が繋がっていないということを気にして「あの人は他人?」と空。光は「そんなふうに言うなよ。母ちゃんかわいそうだろ。どんな事情があるか分かんないけどさ」と返す。そして、周りから見ても碧が空を愛情たっぷりに育てたことが分かると訴えた。

血液型を調べたことに後悔し、号泣してパニックを起こす彼女に、光は「しっかりするんだ。俺がいる。大丈夫だ。一人じゃない。水無瀬を守るとは言えないけど、必ずいるから。何があっても俺がいることを忘れんな」と語りかけた。続けて「いつでも電話していいから。3コールで出る」と宣言する光。そんな彼を見て、空は元気を取り戻していく。その後、渉周一(東啓介)とデートのため、一度は別れた二人だが、やはり空は家に帰ることができず、光の自宅へ。

光は、ランダムに年頃の男のもとへ行くものではないと注意。「こう見えて(自分は)年頃の男なので、駅前の漫画喫茶でも……」と家を出た。結局、空も漫画喫茶へ。彼女は「一人でいたくなかった」とポツリ。そして、光の肩に頭を乗せて寝てしまった。

ネット上では、光の株が急上昇。「3コールで出る入野が尊い……」「入野の繊細な優しさに号泣してしまった」「光くん一緒にいてあげてほんと優しい、、『1人じゃない』っていい人すぎる」「入野くん良い子すぎて好感度爆上がりした、、チャラそうなのに本当に好きな子ができたら一途だし、絶対に手を出さないで大切にしてくれるし」との声があった。

次回は2月24日に放送。空は自分と碧が本当の親子関係なのかを問いただす。すると、碧はある真実を語り始めて……。

PICK UP