3年間で顔面整形に2500万円、月のメンテナンス費150万円の元祖整形男子登場「今の完成形がこれ」

ネプチューン名倉潤次長課長河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が、2月11日に放送。元祖整形男子・アレンさん(27歳)が登場して、これまでの整形費用や月のメンテナンス費を赤裸々に語った。

この日のテーマは「美容整形で人生が180度変わった人SP」。同番組の前身で名倉、河本も出演していた『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』に5年前にも整形男子として出演したことがあるアレンさんは、当時からさらに別人になったと2人に驚かれる。

小学校6年間ずっとイジメられ続けていたアレンさんは、同じ中学に進学したくない一心で猛勉強をして進学校に入学。しかし、そこでも壮絶なイジメが待ち受けていたため、いつしか不登校に。そして、イジメた人たちにお金と容姿だけは絶対に負けたくないと思ったアレンさんは、「東京ならそれができる」と17歳で上京した。そして18~19歳の頃に知人に紹介されたセレブが集まるパーティに参加したことを機に、整形費用から生活費まで支援してくれるタニマチを複数ゲット。19歳から22歳までの3年間で2500万円を顔面整形に費やした。

ここまでが5年前に出演したときの話だったが、アレンさんはその後もいろいろと整形を繰り返し、メンテナンスを継続。「今の完成形がこれです」と満面の笑みを見せる。河本が「まだ整形したいなと思っている?」「ドクターストップはかからないの?」など質問すると、「とにかく今のこの顔をキープしないと、年を取っていくごとにシワはできるし老けるし、人間っぽさがどんどん出てきちゃうじゃないですか。それが自分すごく嫌で、ずっとこの顔がいいの」と、メスは入れてないが、月のメンテナンス費用は「だいたい150万円」と回答した。

これまでお金はタニマチが捻出してくれていたが、コロナ禍で状況が激変。複数いたタニマチも現在は1人になってしまい、シンガポールに滞在するため行き来ができずにいると話す。名倉が「年取っていったらスポンサーも付かなくなるよな。貯金ないの?」と尋ねると「貯金ゼロ」とニンマリ。「フレッシュな方が人としての見栄えの価値はあるかなと思っていて、老衰している顔ときれいな顔だったら、きれいな顔の方がすごいキレイだし価値があるなと思いますけどね」と持論を展開した。そして、タニマチからの莫大な収入を失ったアレンさんは、現在、YouTubeやテレビの出演で毎月150万円のメンテナンス費を稼いでいると話す。

そんなアレンさんは、スリムな体形を目指しお腹の脂肪吸引を受けた際に、股間が通常の8倍くらいに腫れるというトラブルに見舞われたと回顧。「座ると痛いしパンツ履いてもすごい太いし、ノーパンでスウェット素材のジャージ履いて、横になるか立っての生活。とにかく座ると激痛なの……」と当時の苦悩を明かした。また、最近は脂肪冷却にも通っていると言い、ご意見番として登場した湘南美容グループ代表の相川佳之さんと共に、部分痩せのダイエット効果が期待できる最新美容治療について語った。

インターネット上では、「男子高校生でそこまで稼げる人はいないだろうなぁ……」「見てると、私も顔面と身体大工事したくなるな」「アレン様のお話しもっと聞きたかったわょな~短いよ」「久しぶりにアレン見たら凄いことになってるな」「アレンさんみてベティのママ思い出した」「うう……元がいいんだから整形勿体ない……」「整形前のが普通でいいじゃん」などのコメントが寄せられた。

次回2月18日は「世間を騒がせた事件のヤバイ裏側SP」が放送される。

PICK UP