山本耕史が参戦!河口湖の外来生物を猟師に調理してもらい…

山本耕史が、2月14日(日)18時30分から放送される『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 新春スペシャル』(テレビ東京系)に出演し、新プロジェクト「湖の魚ぜんぶ捕る」に参戦する。

同番組は、田村淳ロンドンブーツ1号2号)、田中直樹ココリコ)がゲストとともに各地のSOSに応えるバラエティ。前回の放送は、俳優・中川大志柄本時生が、400年水抜きしていない佐賀城本丸近くのお堀の水を抜くプロジェクトに参加。番組初の変な生き物や、江戸時代の超貴重なお宝も発掘され、驚きの回となった。

早速山本が向かった先は河口湖。名物・ワカサギを大量捕獲するが、ワカサギに混ざってあの超危険外来生物の姿も……。また今回は、ワカサギと番組初登場の外来生物を地元の漁師に調理してもらい、湖の幸に舌鼓を打つことに。果たしてそのお味は!?

田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、山本耕史、田中直樹(ココリコ)
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、山本耕史、田中直樹(ココリコ)

このほか、千葉の漁師から「名物・モツゴが外来生物に脅かされていると」とSOSが。そこで、大家志津香AKB48)が印旛沼へ現地調査に向かう。すると厄介な外来種が続々登場。アメリカナマズの胃袋を開けると、確かにモツゴなど大量の在来種が餌食となっていた……。

そして、4年間で抜いた数“全104池”の中から、お宝映像を一挙に公開。ワニガメ、アリゲーターガー、カミツキガメ、ウシガエルなどなど、衝撃の瞬間を再び!