竹原ピストル“山ちょ”、てつちんの転校を知り暴走!?

公開:

杉野遥亮が主演を務める『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の最終話が2月12日に放送される。

本作は、4人の「小学三年生」が、クスッとさせつつも少しブラック味のあるヒューマンコメディドラマ。主演を務める杉野は純粋で真っ直ぐな小学三年生・直ちゃんを演じ、直ちゃんの仲間である金持ちで頭のいい少年・きんべ役を渡邊圭祐、貧乏でガサツな少年・てつちん役を前原滉、そして心優しい泣き虫な少年・山ちょ役を竹原ピストルが演じる。

第5話では、人生で必ず直面する“生死”を扱う展開に、インターネット上では「生と死。命について考える回」「永遠の別れを経験したあとに新たな出会い(誕生)。そうやって命の大切さを知る。人生っていつでもこういう事の繰り返しなんだろうな〜」との声が上がっていた。

<最終話 あらすじ>
秘密基地で遊ぶ直ちゃん(杉野)たち4人。すると、てつちん(前原)は家の用事を理由に帰ってしまう。そこにジュンヤ(やついいちろう)が現れ、てつちんの“留学話”をする。

杉野遥亮、前原滉
杉野遥亮、前原滉

帰り道、ひとり公園へ向かった直ちゃんは、てつちんと遭遇。「留学はしないけど転校はする」と打ち明けるてつちん。翌日、てつちんの転校を知る、きんべ(渡邊)と山ちょ(竹原)。4人で話し合うも、納得のいかない山ちょは暴走をはじめる……。

左から)竹原ピストル、杉野遥亮、渡邊圭祐
左から)竹原ピストル、杉野遥亮、渡邊圭祐

画像ギャラリー