葵わかな“舞衣子”、竹財輝之助“晴海”のある誤解を解くため理音と美雪を呼び出し…

公開:

葵わかな竹財輝之助がW主演を務めるドラマイズム『年の差婚』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)の最終話(第8話)が、2月9日に放送される。

原作は、電子コミック配信サービス「めちゃコミック」のオリジナル作品で、累計ダウンロード数700万超えを誇る大人気同名漫画。葵演じる24歳のド天然お嬢様・村上舞衣子と、竹財演じる44歳のイケオジ・花里晴海による、20歳差の胸キュンラブストーリー。

晴海(竹財輝之助)、舞衣子(葵わかな)
晴海(竹財輝之助)、舞衣子(葵わかな)

先週放送された第7話では、舞衣子が書き置きを残して実家に帰ってしまったことに落胆し、不安な気持ちに駆られる晴海の姿に反響が。インターネット上では「晴海氏にあんだけ汗だくで一生懸命探してもらえるなんて、うらやま」「あ~その笑顔からのキスは反則!」「舞衣子さんを見つけた時の泣きそうな笑顔が子供みたいに可愛かった! これがキュン死というやつですね」「え。ちょっと待って、走ってきた晴海さんが想像の100倍可愛すぎ!」と言ったコメントで盛り上がっていた。

<最終話あらすじ>
「舞衣子のことが好きなんだよ」真剣な表情で理音(小野寺晃良)に告白された舞衣子(葵)は、「晴海(竹財)と縁を切るか、自分と縁を切るか」と、究極の選択を迫られる……。

美雪(松本若菜)、理音(小野寺晃良)
美雪(松本若菜)、理音(小野寺晃良)

翌日、理音の晴海に対する“ある”誤解を解くため、舞衣子は晴海に○○を提案! そして、レストランには晴海と舞衣子、晴海の元嫁・美雪(松本若菜)と理音が大集合!? 前代未聞の四者会談!?

画像ギャラリー