セレブ女芸人HARUKAZEの母はかつて「ダイヤルQ2」で大儲け!豪遊ぶりを明かす

公開: 更新:

ネプチューン名倉潤次長課長河本準一らがMCを務める『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)が、2月4日に放送。有料電話サービス「ダイヤルQ2」で巨万の富を得た清水節子と、その娘で、父親から生前贈与を受けたセレブ女芸人・HARUKAZEが登場。裕福な暮らしぶりを明かした。

この日のテーマは「驚愕のビジネスで儲かった人SP」。生前贈与を受けた娘として登場したHARUKAZEは、おおのまりあネバーギブアップというコンビを組む芸歴1年目の女芸人と自己紹介。現在は1億2000万円で購入してもらった西麻布にある3DKのマンションで一人暮らしをしており、生前贈与としてビル1棟と高級マンション3部屋を所有。その資産価値は25億円と話す。

続いて母・清水が1200万円の毛皮のコートを着て登場。かつては『11PM』(日本テレビ系)や『トゥナイト』(テレビ朝日系)などのセクシーレポーターとして活躍。あることがきっかけで課金制で情報提供が受けられる電話サービス「ダイヤルQ2」を始めると大当たり。当時のMAX月収は「億近く入りましたね。毎月3000万円使えてたんで」と月収は1億円あったと告白した。

横浜にある清水と愛犬が暮らす自宅を訪問すると、高級バッグや洋服が各部屋に散乱。クローゼットには収まりきらず、キッチンをはじめバスルームや娘の部屋など高級ブランド品が山積みになっており、「買っても1回しか使わない」「出せないからまた買っちゃうわけ」などの豪遊ぶりや、HARUKAZEが月々お小遣いとして45万円もらっていることが明らかに。

また、父親は厳格なタイプで、人前に出る仕事には反対のため、芸人をやっていることは母子の秘密に。彼氏も紹介できないというHARUKAZEだが、以前、ある芸人と交際をしていたと話題に。名倉が「ハリウッドザコシショウ?」と尋ねると、元恋人を知る河本は「近いですね」と返答。そして、コウメ太夫の名を河本が口に出すと、名倉は「(清水と)ええ勝負やな~」とリアクション。清水も交際中に会ったことがあると話し「やめてって言ったもんね」と忠告したと打ち明けた。

インターネット上では、「娘まともなのか? と思ったらやっぱり母娘だった…… 」「あのママのすごいパワーしか感じない」「生前贈与でマンションと小遣い60万くれる父ちゃんどこにいるん? 笑」「ブランド物でごみ屋敷できるなんて……」「コウメ太夫逆玉逃したなw」「じっくりにコウメ太夫の元カノ出てるの草」などのコメントがあがった。

次回2月11日は「美容整形で人生が激変した人SP」と題して放送される。