大倉忠義演じる元春、澪と津山の交際に動揺!

公開:

関ジャニ∞の大倉忠義広瀬アリスが夫婦役で出演する木曜劇場『知ってるワイフ』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第5話が、2月4日に放送される。

韓国の有料ケーブルテレビチャンネル・tvNで2018年に放送され、大ヒットを記録した同名ドラマを原作とした本作は、「結婚生活、こんなはずじゃなかった! あの頃に戻って人生をやり直したい!」と日々嘆く恐妻家の主人公・剣崎元春(大倉)が、ある日突然過去にタイムスリップして、妻を入れ替えてしまうところから始まるファンタジー・ラブストーリー。

小池良治(生瀬勝久)
小池良治(生瀬勝久)

先週放送された第4話では、津山千晴(松下洸平)が建石澪(広瀬)に告白するところを元春が目撃してしまい、複雑な気持ちになるストーリーが展開。インターネット上では「攻める津山主任いいねー。一緒にいて楽しそうだし、色んなこと押し付けない感じがめっちゃイイ あれは爆モテでしょうね」「どう考えても津山さん推すよね……津山さん優しくて気がきくし何より顔面松下洸平さんだし最高かよ」と絶賛の声が寄せられた。

<第5話あらすじ>
剣崎元春(大倉)は銀行に迎えにきた妻・沙也佳(瀧本美織)に、建石澪(広瀬)の頭に手のひらを乗せている姿を見られてしまう。ごまかす元春だが、沙也佳は紹介された澪の建石という名字を聞き逃さなかった。以前、沙也佳が元春の車の中で見つけた名札だ。2人の関係を怪しむ沙也佳は、もう澪を車に乗せないようにと元春に告げる。

一方、澪は元春の手のひらの感触に動揺していた。澪は、木田尚希(森田甘路)となぎさ(川栄李奈)の店へ。2人に津山千晴(松下)との交際を勧められるが迷いを見せる澪。なぎさは、恋に正解はないからとアドバイスする。

翌日、澪が目覚めると母・久恵(片平なぎさ)が朝食を用意していた。しかし、遅刻しそうな澪は銀行へと急ぐ。

津山(松下洸平)、澪(広瀬アリス)
津山(松下洸平)、澪(広瀬アリス)

澪と津山が銀行を留守にしている中、久恵が朝食を弁当として持ってきた。元春を見つけた久恵は「うちの婿が世話になっている」と行員たちにあいさつ。支店長の宮本和弘(おかやまはじめ)らは西急グループの令嬢である沙也佳の母が来たと思い大騒ぎに。元春は慌てて銀行から久恵を連れ出す。すると久恵は、思わぬ事を話し始めた。そんな2人のもとへ、澪が久恵を迎えに来る。

久恵を家まで送り届けた元春と澪は、意識しながらもぎこちなく会話をする。その後、津山の誠実さを目にした澪は、津山と付き合うと返事をする。2人が付き合い始めたと聞いて元春は動揺するが、大喜びの木田となぎさは皆でキャンプに行こうと盛り上がり……。

画像ギャラリー