池脇千鶴演じる新、弟にホステスのアルバイトがバレる!?

池脇千鶴が主演を務めるオトナの土ドラ『その女、ジルバ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第4話が、1月30日に放送される。

「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞した有間しのぶによる話題作が原作。人生を諦めかけていた40歳の笛吹新が、超高齢熟女BAR「OLD JACK&ROSE」の扉を開き、どんな時代も明るくポジティブに生きてきた熟女ホステスたちの影響をうけ、前向きに歩み始める物語。

前回の第3話では、新、村木みか(真飛聖)、浜田スミレ(江口のりこ)の3人が打ち解け合うシーンが話題に。インターネット上では「同僚3人が近付く物語でもあった3話。このドラマ見てると、私まだまだ若い! 何でもできる! って思える。元気と勇気もらえる」「真飛聖さんと江口のりこさんのシーン最高すぎて泣く」「スミレの台詞で泣いちゃいました。江口のりこさん凄すぎる」などと反響が寄せられた。

<第4話あらすじ>
秘密にしていた「OLD JACK&ROSE」でのバイトが職場にバレてしまった新(池脇)だったが、その後、店に誘ったことがきっかけとなりスミレ(江口)、みか(真飛)と同い年の友情が芽生える。一方で、職場のリストラ計画は人知れず進行していて……。

店では毎年ジルバママの命日に行われるパーティの準備が進んでいた。そんな中、新の携帯に弟・光(金井浩人)から連絡が入る。地元・会津の町おこしイベントで東京に来ていると聞き、新はあわてる。実家には、倉庫に出向になったこともバーでバイトしていることも一切知らせていなかったのだ。とりあえず会って食事する約束をしたものの、その前に新は光と思わぬ形であっさり再会してしまい……。

新(池脇千鶴)は上京してきた光(金井浩人)とお店でバッタリ会ってしまう
新(池脇千鶴)は上京してきた光(金井浩人)とお店でバッタリ会ってしまう

「ジルバをしのぶ会 VOL.9」の宴が盛大に始まった。新もこの日は客の1人として会を楽しむことに。常連客の他に、テレビでよく見かける直木賞作家・大田原真知(中尾ミエ)も姿を見せる。なんと彼女、かつて“チーママ”の源氏名で店でホステスとして働いていたというのだ。

その夜、新は初代ママ・ジルバの長く苦難に満ちた壮絶な人生について知ることになる。