神木隆之介“ふくまる”のあざといエサ催促に「キュン死!」

草刈正雄が主演のドラマParavi『おじさまと猫』(テレビ東京系、毎週水曜24:58~)の第4話が1月27日に放送された。インターネット上では「ふくまるのエサ催促あざとい(キュン死)」「ふくまるかわいい~欲しい!」「番組公式ぬいぐるみの発売は?」とふくまるを欲しがるコメントが多くみられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、桜井海による同名コミックを実写ドラマ化。妻に先立たれて以来、孤独な日々を過ごす世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈)が、たまたま通りかかったペットショップで出会ったエキゾチックショートヘアのオス猫に一目惚れ。ふくまる(声:神木隆之介)と名付け、共同生活を送る姿を描く。

ふくまる(声:神木隆之介)と神田(草刈正雄)
ふくまる(声:神木隆之介)と神田(草刈正雄)

ペットショップの店員佐藤(武田玲奈)に去勢手術の案内をされていたことを思い出した神田。発情期や手術についての本を読み漁る神田。「手術をしなければ」とわかっているが、もしものことを考えると心配でたまらない。つい職場でも不安を漏らしてしまう神田に、同じ経験を持つ森山(小関裕太)は「思いつめないで」と励ました。夜、神田が妻・鈴音(高橋ひとみ)の写真を見ながら悩んでいると「この子なら大丈夫!」と鈴音から背中を押されたような気がしてようやく覚悟を決めた。

手術当日、神田の様子がいつもと違うことに気が付き、“まがまがしい箱”に入るように促されたふくまるは全身で拒否したが、うっかり “エサ罠”に嵌って入ってしまう。神田は不安そうなふくまるを見て「大丈夫だよ」と何度も語り掛けた。

病院に着いても、なかなかふくまるを引き渡す覚悟ができない神田。しかし、ついに意を決し、自分に言い聞かせるように「大好きだよ、また会えるからね」と伝えると「パパさんを信じるにゃ!」とふくまるも神田から離れた。

ふくまる(声:神木隆之介)と神田(草刈正雄)
ふくまる(声:神木隆之介)と神田(草刈正雄)

待っていても気が気ではない神田。そこに小林(升毅)が茶子を連れてやって来て「オレも茶子の手術の時は死ぬほど不安だったよ! お前の心配性なところが心配なんだ、親友!」と励ました。神田は「たくさんの人に支えられているんだ」と気を取り直し二人でふくまるを待った。手術終了の連絡を受け、再会を心より喜ぶ神田とふくまるを見て安心する小林だった。

その夜“ごちそう”を用意されたふくまるは、一瞬で皿を空にしてしまい、おかわり催促。ごはんには厳しい神田も あまりに“おねだり”が可愛くてついごはんを足してしまい「誘惑に負けてしまった……」と自己嫌悪。「おなか一杯食べられて一緒にいられれば幸せじゃないの?」と不思議そうなふくまるだったが「長生きしてね」という神田の言葉に、意味は分からずとも“長生き”を決意するのだった。

ふくまる(声:神木隆之介)と神田(草刈正雄)
ふくまる(声:神木隆之介)と神田(草刈正雄)

ネット上では「ふくまる可愛すぎて大号泣。これを尊いって言うのか」「夜な夜な泣いてる……なんていい話なの!」「見ていてホッとするんですよね。ふくまるの声を神木くんってのもナイス!」「今の時代に珍しいしがらみのないドラマなので安心して見れます」と心が温まるコメントが集まっていた。

次回第5話は、2月3日に放送。神田の幼少期の思い出が明らかに……知られざる過去とは?