ジョインマン高木晋哉、“同級生”秦基博との友情エピソード明かす『激レアさん』

公開:

若林正恭オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、1月18日に放送。ジョイマン高木晋哉が“同級生の大物ミュージシャン秦基博に人生を何度も救われてきた人”として登場する。

同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日はゲストの客員研究員として、小芝風花澤部佑ハライチ)が出演する。

“同級生の大物ミュージシャン秦基博に人生を何度も救われてきた人”こと高木は、ミュージシャンの秦と小・中学校の同級生。そのことは、若林が出演する『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)ですでに明かされているが、今回は2人の間にある、さらなる秘話に迫る。

ジョイマンは2008年にブレイクするも徐々に人気が低迷。いつしか“一発屋芸人”と呼ばれるように。一方、秦は映画『ドラえもん』の主題歌「ひまわりの約束」が100万DLを記録。『連続テレビ小説 おちょやん』の主題歌を手がけるなど、まさに国民的ミュージシャンといえる存在。

高木と秦の出会いは小学2年生の時。高木のクラスに秦が転校生として現れたのだ。高木が教室の隅で息を潜めるような子供だったのに対し、野球が上手で面白くて絵が得意な上、歌唱力が異様に高かった秦はすぐクラスの人気者になる。誰にでも優しかった秦を高木はいつしか憧れるようになり、中学生になると「自分を変えたい!」との思いから、秦を追ってバスケットボール部に入部したほど。

そのバスケ部で高木は今の相方・池谷と出会うのだが、お笑いの魅力を教えてくれたのは秦だった。秦が導いてくれた、高木の人生観を変えるような出来事とは? その後も高木は人生の節目に秦からアドバイスをもらい、芸人の道を歩むことを決意。秦はミュージシャンとしてステップアップするかたわら、ジョイマンを応援し続けたという。高木が秦との友情エピソードを語る一方、今回は秦からのメッセージも到着。高木への思いが明かされる。

もう一人の激レアさんは、“ただただ趣味でひたすら土手でジャンプしてたらアクロバットの世界チャンピオンになっちゃった人”ことダイスケさん。三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEGENERATIONS from EXILE TRIBEのライブ、さらにMAN WITH A MISSIONのMVへの出演経験もあるダイスケさんは、トリッキングという武術とアクロバットの動きを組み合わせたエクストリームスポーツの世界チャンピオンでもある。

世界レベルのアクロバットで見る人を魅了するダイスケさんだが、すべての始まりは小学5年生の時、ゲーム「バイオハザード4」と出会ったからだと語る。この第4弾では、主人公・レオンに“バック転で敵の攻撃をかわす”という特技があり、ダイスケ少年は「レオンのジャンプ、マスターしてやるぜ!」と決意。放課後、土手でジャンプの練習を始める。時間にして毎日4時間! それでもなかなかレオンのようなバック転ができず、どんどんジャンプの練習にのめり込んでいく。そしてついに1年後、華麗な技を繰り広げられるようになる。

一方でダイスケさんがジャンプを頑張れば頑張るほど、トラブルも続出。地元を巻き込んでの大ごとになったこともあるという。ジャンプ中心の生活でダイスケさんが手に入れたものとは? ダイスケさんのホップ・ステップ・ジャンプ! な人生を追う。

なお、先週の放送では、生田斗真SHELLYを客員研究員に迎え、手品の道具も手に入らない超山奥で育ちながら、わずか18歳で世界を制した天才マジシャン、ハラさんが紹介された。番組内では、弘中アナのある一言がきっかけで、生田とのバトルに!? インターネット上でも「生田のキレ芸笑笑」といったコメントが寄せられた。