レインボーのクセ強ラブストーリーコントに、千鳥ノブ「こいつらにドラマ作ってほしいわ」と絶賛

千鳥大悟ノブ)がMCを務めるバラエティ『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系、毎週木曜21:00~)が、1月14日に放送。中でも、クセが強いラブストーリー恋愛コントを披露したレインボージャンボたかお池田直人)、見取り図盛山晋太郎リリー)、空気階段水川かたまり鈴木もぐら)の“恋愛ブロック”が、インターネット上で話題になった。

同番組は、今輝く人気芸人たちが、普段披露しているネタとは一味違う“クセがスゴいネタ”を披露するバラエティ。今回は久間田琳加瀧本美織をゲストに迎え、様々な人気芸人15組が出演した。

レインボーは、恋人以上恋人未満のひやま君とみゆきさんのラブストーリーネタ「連続テレビ小説 ひやまとみゆき」を披露。平井堅の「君の好きなとこ」をBGMに、距離が縮まってきた2人の関係が描かれた。ノブは「こいつらにドラマ作ってほしいわ」と熱望。瀧本も「ドラマ見てるみたい」と見応えをコメントすると、大悟も「あのタイミングで小田和正流せば全員泣く」と挿入歌もポイントだと語った。

続く見取り図は、ヤンキーカップルの日常を描いた「南大阪のカスカップル~第3弾~」を披露。「ケンカ……そして仲直り」「同棲している家の中でスゴい連携を見せる」の2本立てで、クセは強いけれど、ツッコミどころ満載のヤンキーカップルのやり取りに笑いが起こる。そして恋愛ブロック最後の空気階段は、「夫婦で営む中華店の愛憎劇」を披露。愛憎<料理というドラマ仕立てのコントに、久間田は「これこそクセになるというかずっと見ていたくなるネタですね」と感想を述べた。

スタジオでは、恋愛ブロックの内容にちなんで、「理想の仲直りの方法」がトークテーマに。久間田が「ちゃんと目を見てゴメンねとか言える関係はいいなってすごく思います」とコメントしたことから、ノブが「彼氏役は大悟でそのシチュエーションをやってみましょう」と提案。ノブ監督・演出の即興ドラマを好演した大悟が、「久しぶりに自分を褒めてあげたい」と自画自賛したその出来映えとは……? 

ネット上では、「レインボーからの見取り図からの空気階段の恋愛ブロック最高じゃない?」「1時間まるまる恋愛ブロックして欲しいくらい大好き」「クセすごの恋愛ブロック女性役が全員可愛いのよ」「恋愛ブロックネタは面白いと女の子役が3人とも可愛いのが共通点」「みゆきさん、可愛すぎる」「空気階段腹ちぎれるほど笑った」といった反響が寄せられた。

次回、1月21日の放送は、川栄李奈田中卓志アンガールズ)がゲスト出演する。

PICK UP