中居正広「SMAPですよ、この時」と指摘!元ヤン時代の写真にファンからは「ほんと好き」の声

公開: 更新:

中居正広がMCを務める『新・日本男児と中居』(日本テレビ系、毎週金曜24:30~)が12月25日に放送。ファンにはおなじみとなった中居の“元ヤン時代”の写真が公開され、インターネット上では「ほんと好き」「何度見ても良い」などのコメントが寄せられた。

令和の時代に突入してから新しい生き方をする人たち(新・日本男児)とスポーツや音楽、演出など様々な分野で活躍してきた一流ゲストが登場し、トークを繰り広げる同番組。この日はゲストとして、ロンドンブーツ1号2号田村淳が出演した。

以前の放送で、「今日俺型ヤンキー2.0男児」として出演し、暴走しない軍団・bts(暴走、ツッパリ、湘南)を結成した“森総長”。今回は「あまり人の上に立つことがなかったので自信がない」という森総長のために、総長の極意を学んでもらうことに。

特別ゲストとしてスタジオに登場したのは、伝説のヤンキーとして知られる岩橋健一郎さん。田村はスキンヘッドで強面な岩橋さんと目を合わせないまま、「これ以上無理なんですよ、俺は。相方があれだったんで」と中居に訴えて、笑いを誘っていた。

実は、青少年不良文化評論家であり、雑誌「チャンプロード」の創刊時の立ち上げメンバーだった岩橋さんは、テレビ番組や雑誌などに出演するヤンキーの監修も行っており、田村や中居とも面識のある人物だったことが判明。地元横浜では過去の武勇伝から「ヤンキー界の重鎮」と呼ばれており、藤沢出身の中居とは“OAには適さないヤンキー話”で盛り上がってしまう。

そんな岩橋さんが森総長に“総長論”を伝授。岩橋さんは、まず相手の戦意を喪失させるために、メンチの切り方が大切だと説明する。そして、メンチの参考にと番組が用意したのは、中居の“元ヤン時代”の写真。派手なシャツの胸元を開け、便所サンダルを履いている自分の写真に中居は「ちょっと、これかよ」と呆れていたが、岩橋さんは「ポイントは髪型。ピシッと決まってる」と、中居のリーゼントを褒めていた。

中居はさらに、当時17歳だった自分の写真を指差しながら、「SMAPですよ、この時。よく、こうなれたなお前」と指摘。続けて田村に「あのね、(この写真の)8年後、紅白の司会やるんですよ、僕」と訴えていた。

ネット上では、中居の“元ヤン写真”に反響が続々。「ヤンキーモードの中居くんカッコイイを超越して美しいヤンキー」「中居くんの元ヤン写真ほんと好き」「出た! おなじみの中居くん ヤンキー写真www」「中居さん17才のヤンキー写真何度見ても良い」などの声が上がっていた。

次回1月8日の放送は、日本男児ゲストとして、進化系かた焼きそばに人生を捧げる男が登場する。