平祐奈演じる男勝りな高校生が可愛いメイドに!?佐藤寛太との青春ラブストーリー『ヒミツのアイちゃん』

公開:
香住愛子(平祐奈)、天野玲欧(佐藤寛太)
香住愛子(平祐奈)、天野玲欧(佐藤寛太)

平祐奈佐藤寛太が共演するドラマ『ヒミツのアイちゃん』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて、2021年2月19日(金)24時より配信されることが決定した。

『ヒミツのアイちゃん』は、小学館の「Cheese!」連載中から爆発的な人気を博し、単行本化されると370万部超えのメガヒット作となった、花緒莉の原作コミックの実写化。主人公は、3人の兄に囲まれて育った負けず嫌いで男勝りな女子高校生・香住愛子(かすみ・あいこ)。愛子はショートカットがよく似合うバスケットボール部のスター選手で、日頃からライバル視している男子バスケットボール部のエースで超イケメンの天野玲欧(あまの・れお)に勝負を挑むも、負けてばかりで悔しい思いをしている。

平祐奈演じる香住愛子はバスケットボール部のスター選手
平祐奈演じる香住愛子はバスケットボール部のスター選手

そんな愛子は、兄・律希(りつき)が営むメイド喫茶で突然バイトをすることに。ロングヘアのウィッグをつけると、女の子らしいメイド姿に大変身! 本人も乙女心に火が灯る。すると玲欧が不意に客としてやってきて、動揺した愛子はとっさに自分のことを“舞”と名乗り接客すると、玲欧は“舞”に一目惚れしてしまい、告白。女に目覚めたアイちゃんが初めての恋を不器用にも精一杯頑張ろうとする姿を描いた青春ラブストーリー。

佐藤寛太演じる天野玲欧は男子バスケットボール部のエース
佐藤寛太演じる天野玲欧は男子バスケットボール部のエース

その他、愛子の親友・北内広子役に吉田志織、愛子と玲欧の仲を引き裂こうとする双子の姉・森川郁役に大和田南那、弟・森川巧役に別府由来、玲欧の中学からのバスケ仲間・久保建司役に水沢林太郎、愛子の兄でありメイドカフェスピカの店長・香住律希役としてMASATOTHE BEAT GARDEN)が出演する。

天野玲欧(佐藤寛太)、北内広子(吉田志織)、香住律希(MASATO)
天野玲欧(佐藤寛太)、北内広子(吉田志織)、香住律希(MASATO)

メイド姿の舞となった愛子が、普段は出せない素直な女の子としての気持ちを見せ、それを受け止める玲欧。しかし初めての恋で、学校イチのモテ男・玲欧の彼女だと周囲に公表する勇気が持てない愛子は、自身が愛子だということをヒミツにし「女子大生・舞」として玲欧と交際することに。そんな愛子と舞という両極端な女性像を平が熱演する。

<平祐奈 コメント>
男勝りでボーイッシュな女の子は自分にとって新たな挑戦で、ここまで短いショートカットも初めてだったので違和感がないか色々と不安な部分はありましたが、普段使わない言葉遣いだったり、バスケにチャレンジできたり、新しい試みをこの作品で沢山経験させて頂けたので、私にとってとても貴重な時間となりました。キャストもとっても仲が良くて現場の雰囲気も和気藹々としていたので、その様子が画面に出ていると思います。愛子のGAPだったり、玲欧と初めて恋をしながら女の子らしく成長していく姿を見守って頂けたらと思います。配信まで楽しみにして頂けると嬉しいです!

森川巧(別府由来)、森川郁(大和田南那)
森川巧(別府由来)、森川郁(大和田南那)

<佐藤寛太 コメント>
佐藤寛太です。この度、天野玲欧役を務めさせていただきました。自分が中学生の時クラスメイトに借りて読んでいた漫画の登場人物を演じるのは気恥ずかしく、感慨深かったです。24歳の今の僕だからこそ演じられるものもあるかと思い撮影に臨みました。この作品でこれからも大切にしていきたい仲間との出会いもありました。是非ご覧ください。

画像ギャラリー