ロバート秋山のもう一つの顔は振付師「9割は自分、残りはアンジーとA.B.C-Z塚ちゃん」視聴者「まじで何wwwwwwww」

公開: 更新:

パンを愛するロバート秋山竜次が名店のパンを紹介しながら小粋なおしゃべりを繰り広げる番組『秋山とパン』(テレビ朝日系、毎週水曜25:56~※一部地域を除く)。12月16日の放送回は、代官山にある「ヒルサイドパントリー代官山」を訪れ、人気商品の天然酵母のクロワッサンやショソンオポンムなどを紹介していくが、いつものように話が脱線し……。

なんと、秋山は、朝の情報番組などによくある“番組オリジナルのポーズ”を考える振り付け師の顔も持っているそうで、全国の情報番組のポーズの9割は自分が作ったと主張。残りの1割については、『ZIP!』のアンジェリーナ・ジョリーと、名古屋の情報番組『ドデスカ!』のA.B.C-Z塚田僚一だと言う。

その真偽を確かめる為、スタッフが塚田の元へと向かうと、もともとは同グループの五関晃一がポーズを考える予定だったが、彼が考えたポーズは元気はいいけどアナウンサーたちがやるにはハードルが高かったため、その時塚田が思いついた「dと6」になぞらえたポーズに決まったと明かした。

秋山自身、昔は「いらねぇよ、そのポーズ」と思っている時期があったものの、今は絶対に必要だと確信している様子。番組の“顔”ともいえるオリジナルポーズは、情報番組が海外スターの来日を取材する際に、スターを呼び止めてコミュニケーションをとるための重要なツールとし、「日本の文化です」と力強く語った。

即興でポーズを作って見せたり地方でのエピソードを饒舌に語ったりする秋山だったが、最後に【秋山は朝のニュース番組のポーズに関わっていません】とテロップが表示。秋山お得意のフィクションネタと判明したが、いかにもやってそうなリアリティに、インターネット上では「まじで何wwwwwwww」「いやいやまたキャラでしょ? → もしかして本当? → やっぱりかい!! でした(笑)塚ちゃんの登場のしかたも良かったね」「なんていう番組なの……ww シュールで面白いwww 塚ちゃんもいい味出してましたね」「どこまでが本当なんやろ??? 秋山最高 そしてもはや塚ちゃんのコメントも本当なんやろか??」といった声で盛り上がっていた。

次回は、12月23日に放送される。