フワちゃん、くりぃむしちゅー・上田晋也と明石家さんまのMCは「真逆のタイプ」と分析

フワちゃんが、12月12日に放送された『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系、毎週土曜21:55~ ※一部地域を除く)に初のゲスト出演。フワちゃん流“怒られた時のあざと回避テク”を青山テルマが完全再現した他、スタジオでは上田晋也くりぃむしちゅー)と明石家さんまの“MC別あざと処世術”を明かした。

“あざといと思った・思われた男女の言動”を視聴者に徹底アンケート。それを凝縮した再現VTRを、MCの山里亮太南海キャンディーズ)、田中みな実弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)がチェックし、「あざとさ」について徹底的に語り合うバラエティ。今回は、バイトで怒られまくり、15回もクビになった過去を持つフワちゃんが、今まで怒ってきた人を種類別に分析したノートをTV初公開。そのノートを基に大親友・青山が人に怒られた時のあざと回避テクを完全再現した。

冒頭、怒られ回避テクを持つフワちゃんが、芸能界で唯一、怒られたのは「加藤紗里だけ」と告白。青山が、居酒屋バイトをするフワちゃんに扮して、「世の中を切り抜いていけるし、自分にストレスがかからない最高の技」を再現。まず、タイプ1の特徴は「俺はいいけど他の人だったらマジギレしてるぞ」と他者の意見だと、みんなを代表して怒る人。そのタイプには、「怒りはじめたら早めに自分の行為を謝罪すべし」という対処法を披露した。他にも、グチグチ系・思い出し怒りの対処法、気分屋激ギレタイプの対処法を紹介した。

番組の終わりに、山里が「フワチャンは大御所の懐に入るの上手だなって。MC別に分析みたいのあったりするの?」と質問。めちゃくちゃあり、超使い分けているというフワチャンは、「上田さんはとにかくツッコみたいし、ツッコまないと死んじゃうから」と笑い、「『変なことちょ~だい!』のタイプ」と分析。フワちゃんによると、上田のルールに沿ったことを言わなくても大丈夫で、フワちゃんが変なことを言っても包み込み、後ろから支えてくれるイメージだと説明した。そんな上田とは「真逆のタイプ」とフワちゃんが語るのはさんまで、フワちゃんの攻め方を壊し、自分のペースに巻き込んで全て覆すタイプだと分析。「ミスや噛んだりしないと笑わないのかと思って、無理だ、どうしようって思った」こともあったというが、さんまも決められたものじゃなくて、本心やミスも含めて相手の人間性を引き出し、「人間ごと面白がってくれる人」だと述べた。

インターネット上では、「フワちゃんの処世術、勉強になるし、分析力がハンパじゃない」「フワちゃんやっぱり賢いな~何か何気にこの番組にあってる気がするから準レギュラー化して欲しい」「フワちゃん。凄っ。MC別対処法面白かった~」「青山テルマのフワちゃんのモノマネウケるわww」「怒られて当然でわろたwwww」「むちゃくちゃ勉強なった」などのコメントが寄せられた。

次回、1月9日の放送は、生田斗真高畑充希がゲスト出演する。

PICK UP