大泉洋、安田顕の名前連呼に視聴者ツッコミ「放送日が誕生日にもかかわらずいじられる安田顕さんw」

公開: 更新:

大泉洋が、12月8日に放送された『火曜サプライズ』(日本テレビ系、毎週火曜19:00~)に出演。ある俳優をイジったことにインターネット上が反応する一幕があった。

撮影をアテンドするウエンツ瑛士とは、15年来の仲だという大泉。ウエンツがイギリスへ留学する際に、松たか子と3人で送別会を開いたという。最初は松が声をかけてくれたそうなのだが、大泉は「俺は(会を)『やんなくていいんじゃねーか?』って言ったんだけどね」と笑わせた。

先日、大泉はそんな松を食事に誘った日のことを回顧。すると彼女から「ご飯行きたいけど、その日に野暮用があって」と断られたとのこと。後日ニュースを見て驚愕。第92回アカデミー賞授賞式で、『アナと雪の女王2』の主題歌である「イントゥ・ジ・アンノウン」を世界のエルサ役の俳優らと熱唱していた日だった。大泉は“野暮用ってこれか!”と、思わずメッセージを送ったことを明かした。

今回、9歳になる娘に釣りをやらせてあげたいということから、ビギナーの大泉が先に体験することに。釣りロケへ行くことになった。船に揺られること30分、水しぶきを浴びながら、ようやくポイントに到着した。彼らが狙うのは、アジ、秋サバ、さらに鯛といった魚たちだ。

ウエンツにヒットが。手応え的にも「大泉さん。北大路欣也さんクラスがきています!」と報告する。大泉は「相当な大物がきたね。『さらばだ半沢直樹!』」とモノマネ。ウエンツは釣り上げることができるも、2人曰く“まぁまぁ”といったサイズのアジだった。

大泉は魚の大きさを見て「北大路さんクラスではないね。安田顕クラス」とコメント。ウエンツが「東京湾で安田顕さんクラスは大物ですよ」とフォローするも、大泉は「けっこう大物なら安田顕でもないです」とバッサリ切り捨てる。アジの安田に比べ、自身は鯛クラスだと豪語。その後も、大物俳優を例えに並べながら、時折「顕ちゃん」と安田の名前を出して、ウエンツを笑わせていた。

ネット上では、TEAM NACSの同じメンバーである安田のイジリ、さらに放送当日の8日が、偶然にも安田の誕生日だったということから「放送日が誕生日にもかかわらず洋ちゃん達にいじられる安田顕さんw」「出てないのに名前を連呼される安田顕www」「大泉洋さん、最高 なんでも笑いに変えてくれる天才です」といった声があった。

次回は12月15日に放送。三浦翔平西川貴教を迎えて全国焼きイモNo.1決定戦が行われる。