瀬戸康史“和馬”が心肺停止!深田恭子“華”は祈ることしかできず…『ルパンの娘』第8話

深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、12月3日に放送される。

本作は、横関大の同名小説を原作に、代々泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)との決して許されない恋愛を描くラブコメディ。2019年7月期に放送された同名ドラマの続編で、今作はついに結ばれた華と和馬のその後を描いていく。

華(深田恭子)
華(深田恭子)

先週放送された第7話では、円城寺輝(大貫勇輔)と北条美雲(橋本環奈)のミュージカルシーンが話題に。インターネット上では「環奈ちゃん初ミュージカル。アイドルをしていたこともあって歌もダンスも上手でした」「(円城寺が)毎回同じ流れになるのに、なぜこんなにおもしろいのか」などの声が寄せられた。番組後半では、和馬が謎の殺し屋・ナターシャ(太田莉菜)との格闘の末、胸をナイフで刺された和馬は昏倒。一方で華は、泥棒スーツの姿を娘の杏(小畑乃々)に見られてしまい……。

<第8話あらすじ>
三雲華(深田)は娘の杏(小畑)に自分たちが“Lの一族”だと知られてしまった。一方、盗賊団が抱える殺し屋ナターシャ(太田)の凶刃に倒れた桜庭和馬(瀬戸)は警察病院に運び込まれる。典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)、娘の杏、そして事件現場から付き添った北条美雲(橋本)に見守られる和馬。しかし、実は生きていて強盗殺人を犯したと世間を騒がせている“Lの一族”である華たちが和馬のもとへ駆けつけることはできない。ただ祈ることしかできない華たちだったが、その願いもむなしく和馬は心肺停止状態に……。

和馬(瀬戸康史)の命は…
和馬(瀬戸康史)の命は…

絶体絶命の窮地に追い詰められた“Lの一族”。渉(栗原類)は、なぜ自分たちが“Lの一族”であることを杏に教えたのだと尊を責める。しかし、尊は何も告げずに三雲家を出て行ってしまう。

美雲(橋本環奈)
美雲(橋本環奈)

病院から戻った美雲は猿彦(我修院達也)に、和馬の窮地になぜ“Lの一族”が現れなかったのかと疑問をぶつける。「しょせんは泥棒。逃げることしかできない」のだと憎まれ口をききながらふすまを開ける猿彦だったが、目の前には尊の姿が。祖父の仇と身構える美雲に、尊は宗真(伊吹吾郎)の死の真相を知る人物を連れて来たと言う。巌(麿赤兒)だ。巌が語る事件の真相とは!?

ナターシャたちのアジトを訪れる何者か。それは美雲だった。美雲はナターシャたちに、“Lの一族”の居場所を知りたくないか? と持ちかける。「Lに復讐がしたい」のだと……。