NiziUが『しゃべくり007』でトーク、モノマネ、ギャグで視聴者を虜に「姫たちのバラエティ無双」の声

公開: 更新:

NiziUが、11月23日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系、毎週月曜22:00~)に出演。インターネット上では、番組内で大暴れする彼女たちに多くの反応があった。

NiziUは、数々のK-POPスターを世に送り出したプロデューサーのJ.Y. Park(以下、JYP)がプロデュースするグローバルガールズグループ。ソニーミュージックとJYPによる共同プロジェクト『Nizi Project』(虹プロ)で誕生した。今回は、AYAKARIMAMAYAMAKO、MAYUKA、RIORIKUNINA、MIIHI(※休業中)9名の魅力を探るべく、指原莉乃が解説として登場した。

『虹プロ』を振り返る中で、地域予選、東京合宿、韓国合宿の様子を紹介。オーディションでのスター性審査で、JYPにどんなものを見せたのか、しゃべくりメンバーにも披露することに。AYAKAが、番組でも話題になった“ちょっと変わったテニス講座”をやって見せたものの、上田晋也から「よく受かったな!」とツッコミが。さらに、有田哲平の無茶ブリで“ちょっと変わったシリーズ”としてNINAはラジオ講座、RIMAがドラム講座などを熱演。上田からは「お前ら舐めてんだろ!」とツッコミが入った。

そんな中、共同生活しているメンバーのプライベートトークも紹介。MAKOは「ナビと会話」と紹介される。「ナビと会話というよりは、タクシーに乗ったことがあるんですけど……」と話し始めると、上田は「そりゃあるだろうな。何の自慢だよ。“ファーストクラスに乗ったことがあるんですけど”みたいな言い方」とイジる。笑いに包まれる中、タクシーの運転手が行き先を音声認識を使って入力しているにも関わらず「私に話しかけていると思って、私が答えてしまう」と回顧。メンバーが他の子に話しているのに、彼女が返事をしてしまうこともあるようで「すべての言葉が私にかけられていると思って」と笑わせた。そんなMAKOは天然。MAYAも「料理をしている時に、玉ねぎを切り始めるくらいで“美味しそう“って。まだ何の料理かも知らないのに」と彼女の天然っぷりを明かした。このほか、RIOが大の漫画好きで好きなシチュエーションを説明したり、RIKUが母親と大声電話をしていてメンバーが迷惑をしている話をしたりと、スタジオを笑わせた。

ここでVTRでJYPが登場し、しゃべくりメンバーにバラエティ適応力を審査してほしいと依頼。「Shabe Project Audition」と題してオーディションが行われた。「つかみ」部門では、AYAKAが“未年”ということから羊のモノマネを披露すると、MAYUKAにも飛び火。有田から無茶ブリされ、準備していたオカリナを見せることなく、羊のモノマネを見せて合格を勝ち取る。このほか、RIKUが『サザエさん』のタラちゃんとイクラちゃんのモノマネを見せるも、なぜかアナゴさんだけができないノリが生まれたり、リアクションでは激辛料理や激痛足つぼに耐える様子が放送されたりと、体を張って盛り上げていた。

ネット上では、パフォーマンス以外の彼女たちの一面を見られたことで「姫たちのバラエティ無双」「可愛いいいいいいいいいい」「NiziUのみなさん初バラエティお疲れ様でした!」「しゃべくりメンバーの引き出す能力に感激ですありがとうございます」と満足感溢れる声が多くあった。

次回は11月30日に放送される。