玉木宏“龍”、玉城ティナ“ゆかり”とフリースタイル対決も「自主規制多過ぎなんだよww」とツッコミの声『極主夫道』第6話

玉木宏が主演を務める日曜ドラマ『極主夫道』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第6話が、11月15日に放送。インターネット上では、玉木演じる龍の行きつけの喫茶店店員・大前ゆかり(玉城ティナ)の正体と、まさかのストーリー展開に視聴者が釘付けとなった(以下、ネタバレが含まれます)。

累計200万部を突破した同名コミック(著:おおのこうすけ/新潮社「くらげバンチ」連載中)をドラマ化した本ドラマは、裏社会に数々の伝説を残した玉木演じる最凶の極道“不死身の龍”が極道から足を洗い、専業主夫の道を選択して巻き起こす日常の一幕をコミカルに描く。

思いを寄せるゆかりから「結婚するなら家事ができる人がいい」と聞いた雅(志尊淳)は、龍に「俺に家事のイロハを教えてください!」と弟子入りを志願。恋バナで意気投合した美久(川口春奈)の導きもあって、龍が師匠として教えることになった。

大前ゆかり(玉城ティナ)、雅(志尊淳)
大前ゆかり(玉城ティナ)、雅(志尊淳)

洗い物、アイロンがけ、家計簿のつけ方、龍流の家事を説いていく。しかし、壊滅的に家事のセンスがない。その後、料理教室で作ったパンを持って、ゆかりのもとへ。すると、転倒した拍子で落としたパンをトラックに轢かれてしまった。運転手はゆかりがいる喫茶店へ。追いかけた雅は、運転手が「ゆかり、俺とやり直してほしい」「俺のトラックに乗っているゆかりのこと忘れられねーんだよ」と告げるところを目の当たりにする。運転手はタケシという男で、彼女の元カレらしい。動揺している彼女を見てショックを受ける雅。龍は「どんな時でも相手のことを一番に考える。それが人の道」というが「割り込んでいくしかないっしょ!」と応援する美久。そこで、雅と龍の3人で遊ぶとゆかりを誘い、当日龍は行かないという方法を提案。江口(竹中直人)や雲雀(稲森いずみ)にも応援を頼む。

雅(志尊淳)、美久(川口春奈)、龍(玉木宏)
雅(志尊淳)、美久(川口春奈)、龍(玉木宏)

デート当日。トラブルがありながらも「楽しかった」という彼女だが、じつはタケシのことで悩んでいるという。別れた原因が、大事な皿を割ってディスりあったことだと回顧。「後に引けなくなっちゃって……何をべらべら喋ってんだろ。ダサいよね」と謝罪する彼女を見て、雅は「相手のことを一番に考える」という龍の教えを思い出し「本当だっせーよな。そうやって自分の気持ちをふたして。いつまでも逃げ続けてさ」とけしかけ、彼女をその気にさせた。

その後、雅は道端でタケシを目撃する。タケシが誰かと電話でゆかりについて話しているようだ。彼の口から「たっぷり稼がせてもらう」「恋愛感情はない」との言葉が。怒りに震えた雅は、一人でトラックに乗った彼を追いかける。

怪しいクラブに入ると、そこにはステージでDJをするタケシの姿が。そしてMCとして登場したのはゆかり。2人は付き合っているわけではなくパートナー。皿を割ったというのはレコードのことで、ディスり合いをして解散してしまったが、再結成するという。そしてフリースタイルの相手として、客席で呆然としていた雅を指名。謎のフリースタイル対決が行われる。自主規制連続のディスりに、雅も対抗するがうまくできない。するとそこに龍が現れる。

龍は「気持ちを伝えるべき」と雅の背中を押すが、自分がマイクを奪い、ゆかりとフリースタイル対決。「俺の仕事は専業主夫 エプロンは戦闘服」と家事をテーマにしたラップで、オーディエンスを盛り上げる。そして龍にまさかのオチが待ち受けていた。美久はこの展開に「多分、来週にはなかったことになっているんじゃないかな」とつぶやいていた。

美久(川口春奈)、龍(玉木宏)
美久(川口春奈)、龍(玉木宏)

ネット上では、雅とゆかりのデートシーンに「がっごい゙い゙ん゙でずげど!!」「淳ちゃんとデートしてるみたいで最高でしたー」「(髪を)後ろで結ぶの反則だよ」との反応が。そして、自主規制連続のラップ対決には「完璧なラップバトル披露する龍さん何なん!?w」「自主規制多過ぎなんだよww」「誰が予想したよこの展開w」「美久ちゃん最後メタ発言www」といった声があった。

次回第7話は11月22日に放送。美久の大事にしていたフィギュアを壊してしまった龍。警官の酒井タツキ(古川雄大)と争奪バトルが繰り広げられる。

PICK UP