佐藤健と松本潤の“駆け引きシーン”に視聴者メロメロ「バディもののドラマとかやってくんないかな」

公開:

佐藤健が、11月14日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)にゲスト出演。謎解きゲームで松本潤とドタバタの“駆け引き”を繰り広げる様子に、視聴者からは「バディもののドラマとかやってくんないかな」と興奮の声が上がった。

今回「隠れ家ARASHI」のコーナーにゲスト出演した佐藤は、“謎解きキング”として学校を舞台にした松丸亮吾考案の謎解きバトルに挑戦。校舎内に隠された鍵をめぐり、松本・吉村崇平成ノブシコブシ)の「チームMJ」と対決を繰り広げた。

1stステージの教室に入った佐藤は、机に貼られた文字から即座にヒントを導き出し、まごまごするチームMJを早くもリード。続く2問目のヒントを「こくばんけし」と読み、黒板消しをパンパンと叩いて掃除しはじめるが、実は間違っており、チームMJにクリアを許してしまう。

2ndステージの体育館では、2つの鍵を探し出すことに。「同じ空間のためお互いの動きが見えてしまう」という状況に、佐藤は「振る舞い難しいな」とこぼす。スタートと同時に佐藤が体育倉庫へ向かうと、その後を吉村がぴったりとマーク。思わず佐藤は「スパイがいる」と苦笑いする。

体育館の貼り紙から「あかいじをおとす」とヒントを導き出した佐藤は、体育倉庫から長い棒を調達。貼り紙を突くと、「まつまるのせなかみて」と新たな文字が出現した。佐藤は松丸の背中を見ようと駆け寄るが、それを吉村が体を張ってブロック。佐藤は思わず「おかしい、おかしい」と突っ込む。

松丸の背中にあった貼り紙には、「火山灰」という文字と、炭、星のイラストが。佐藤は松丸に「これは炭の絵でいいんですよね?」と確認するが、「これ、炭って漢字(を表している)?」と、うっかり口を滑らせてしまう。佐藤は「あっ」と声をあげ、「ごめんなさい」と気まずそうな表情に。思わぬ形でヒントを得た吉村は、佐藤に「ありがとうございます」と“お礼”する。

貼り紙の正体は、漢字をバラバラに分解したもので、書かれた矢印に従って読むと「たん生日(=誕生日)」と読める仕掛け。これに気づいた佐藤はミスをとりもどすべく、小走りで体育倉庫に直行。試合に使われる得点表に目をつける。

佐藤が得点表をめくり、自分の誕生日を意味する「3 2 1」の数字を出すと、裏に鍵のありかを示す「扇風機」という文字が出現。見事1本目の鍵をゲットする。残るもう1本の手がかりを見つけるべく、佐藤は松本から誕生日を聞き出そうとする。警戒し、デタラメな日付を答える松本だったが、佐藤はその後まさかの行動に出て……。

ずば抜けた頭の回転で瞬時に謎を解いていく佐藤の姿に、インターネット上では「佐藤健の思考回路にはいつも驚かされるわ」「もう何回みるんだろってくらい見ちゃう」「潤くんチームも松丸くんのサポートなければもっと時間かかりそうだったし、やっぱ健くんはキングなんだな」と、感心の声が。ヒントをめぐる松本との“駆け引き”に対しても「健くんとMJでバディもののドラマとかやってくんないかな」との声が上がっていた。

次回11月21日の放送では、「相葉雅紀記念館」を開催。風間俊介横山裕(関ジャニ∞)、小峠英二バイきんぐ)らを交え、相葉が引き起こした“珍事件”を振り返る。