美人すぎるマジシャンの師弟愛に「これからハマりそう」と好感度が急上昇

プロマジシャンの御寺ゆきが、10月31日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系、毎週土曜23:30~)に出演し、「セクシーマジックを売りにして客を集めているが、実際は全然セクシーではなく、客を騙していること」を反省した。

有吉弘行が司会を務める同番組では、ゲストの「反省人」たちが過ちを告白&懺悔。毒舌タレントが「反省見届け人」として参加し、最後に反省人が行う「禊」を見届ける。今回の反省見届け人は、バカリズム大久保佳代子博多大吉

この日は、年間200以上の舞台に立ち、「美人すぎるマジシャン」として話題の御寺が登場。胸の谷間を強調したセクシーな衣装でファンを魅了している御寺だが、実際の舞台では色気のない衣装で本気のマジックを披露しているという。これには、御寺のセクシーなマジックを期待して足を運んだファンから「騙された! 露出を期待していたのに!」「エロがないなら来た意味がない!」といった声が噴出。もともとセクシーな格好が恥ずかしくて苦手だという御寺は、数々のクレームに対し、「SNSやテレビではセクシーで売ったほうが、お客様が来てくれる。申し訳ないなと思いつつも、騙してやってしまった」と弁解していた。

スタジオでは、そんな御寺が「今日、どなたかに教えていただけないかなと思って」とリクエスト。恥ずかしさを振り切り、セクシーマジックに挑戦してみることになった。さっそく大久保が御寺のカードマジックに関して、色っぽく説明しながらやってみることを提案。バカリズムが客となって御寺のセクシーマジックに協力するが、思わず2人で盛り上がってしまい、有吉からは「いい加減にしろ!」とツッコまれてしまう。その様子を見ていた大久保も「素質はありますよ。もともとドエロですよ」と決めつけて、笑いを誘っていた。

御寺は、カードマジックの他、セクシーなロープマジックにも挑戦。胸の谷間を活用したマジックに大久保も満足したようで、「成長が早い。私の手を離れました」と評価していた。

そんな御寺への禊は「セクシーマジックで師匠に謝罪」に決定。20歳の頃に、この道32年の世界的マジシャン・メイガスに憧れて師事した御寺だったが、ケンカ別れのような形で師匠のもとを飛び出してしまったという。それ以降は一切メイガスと会っておらず、御寺は今回の禊について「キツイです、本当にキツイ」と、顔をしかめていた。

禊当日、弟子時代を過ごしたメイガスのマジックスタジオを訪れた御寺は、約4年ぶりにメイガスと対面。ピリピリムードの中、御寺は当時のことを謝罪し、重苦しい空気の中でセクシーマジックを披露した。しかし、思った以上にメイガスの反応は良く、「個人的にめっちゃ面白いです」と高評価。さらに、「自分の中でも(御寺に)こういうことをやらせたらいいのかなって思っていたので」と本音も飛び出し、和解が成立することとなった。

無事にハッピーエンドとなった今回。インターネット上では2人の関係に言及する声も多く、「師匠と仲直りできて良かった。シャレわかるいい人そうな師匠だし、マジシャンの子も根が真面目で頭の回転が早いのが伝わってくる。好感もてる人達が仲直りするっていいね」「お師匠さんと仲直りできてよかったね、もらい泣きしちゃった。マジックも素敵だった! 同性なのにドキドキしてしまった」「御寺さん衣装はめっちゃエロかったけど師匠と仲直りして泣いてて、心が綺麗な人なんだなぁと。 スタイルめっちゃ良いし可愛いからこれからハマりそう」などのコメントが寄せられていた。

次回、11月7日の放送は、フリーアナウンサーの中田有紀が登場する。

PICK UP