横浜流星、インスタグラム発信に意欲も悩み告白「オフ感を出したい」

映画『きみの瞳が問いかけている』でW主演を務める吉高由里子横浜流星が、10月27日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~)に出演。自然体でバラエティの空気を楽しむ横浜の姿に、インターネット上では「流星くん 毎週ガヤに出てほしい」と好評の声が寄せられた。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出し、MCのヒロミフットボールアワー後藤輝基らと共に、トークを繰り広げる。今回は「吉高由里子&横浜流星 ガヤ芸人とのヤバイ共通点発覚SP」と題し、ゲストの2人とガヤ芸人たちとの意外な共通点を探った。

番組では、コーナーMCのチョコレートプラネット長田庄平松尾駿)が、吉高と横浜の「ヤバイ共通点」をパネルにまとめて進行。横浜の情報について長田は「全然横浜流星(のイメージ)じゃないです。厚木隕石です」とアピールし、思わず横浜は苦笑い。ここでさらに、現代ホスト界の帝王・ROLANDに扮した松尾が「横浜流星って、流れるに星って書くんだよね。てことは、流れるに星、って書くんだよね」と、名言風にボケをかまし、後藤に「浅いねん」と突っ込まれる。

フワちゃんと吉高の意外な共通点は、「天真爛漫に見えて、実は超真面目」。スタッフの名前を覚える、台本を覚えるまで酒断ちをする、大御所と共演する際に過去の出演番組を研究する、といった習慣をふたりとも持ち合わせているという。これに関しては横浜も「(スタッフの名前を)極力覚えようと(している)」とコメント。それを聞いた後藤は「チームで座組としてやるから(大切なこと)」と感心するが、なぜかその途中で吉高が笑い出し、後藤があっけにとられる一幕があった。

続いて話題は、横浜とガヤ芸人の意外な共通点に。横浜と松尾はふたりとも、スニーカーがキモいぐらいかっこよく見えるという“キモ撮り”姿の自撮り写真をSNSにアップしているという。その理由を聞かれ、「流行ってるというのを聞いたので」と横浜。さらに松尾の“キモ撮り”写真が披露されるも、なぜか全裸にスニーカーという奇怪な姿に後藤が「その“キモい”はいらんねん」と突っ込んだ。

ここで横浜が、SNSに関する悩みを告白。現在自身のインスタグラムを開設しており、応援してくれてる方々に発信をしていきたいが、なかなかうまく発信できないという。「うまい人はオフ感を出すじゃないですか」と横浜。自分も同じようにうまいオフ感を出したいが、なかなか仕事モードから抜けきれないという。それを聞いた長田はフワちゃんにアドバイスを求めるが、フワちゃんは「そうだねぇ、ん〜…… どうしたらいいんだろう……何したらいいんだろうな……」と本気で考え込んでしまい、まさかのリアクションにスタジオはざわつく。

番組ではさらに、横浜とお笑いコンビ・ニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政)の「特技に関する共通点」が明らかに。その強さを確かめるべく「特技」を活かした対決が行われ、その模様にスタジオが大いに湧き上がる。

ときおりガヤ芸人に突っ込みを入れつつ、番組を楽しむ様子の横浜に、インターネット上では「流星くんのクシャッとした笑顔楽しそう」「流星くん 毎週ガヤに出てほしい」「役者じゃない流星くんは 癒しだ」と、好評のコメントが相次いだ。

次回11月3日の放送では、ゲストに伊藤健太郎三吉彩花を迎える。

PICK UP