関ジャニ・村上信五、“ほっこりお化け屋敷”に涙目!ネットでは「ギャップが可愛い」の声『関ジャニ∞クロニクルF』

公開: 更新:

8月31日に放送された『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系、毎週月曜23:00~)は、日本唯一のお化け屋敷プロデューサー・五味弘文さんが制作した“ほっこりお化け屋敷”を関ジャニ∞メンバーがリモートで体験した。

関ジャニ∞のメンバーが共通して持っている“遊び心”を前面に押し出し、彼らの人間的な魅力を伝えていくバラエティ番組。秘密基地をコンセプトとしたスタジオに設置されたタブレットに表示される“フォルダ(F)”の中からメンバー自身が好きなテーマを選び、トークやゲームを展開するほか、ドキュメント要素の強い長期ロケにも体当たりで挑戦する。

五味さんはかつて“子供騙しの見世物小屋”のイメージが強かったお化け屋敷に、初めてストーリーを導入させた人物。今では当たり前となった“大人が楽しめるエンタメ”に昇華させた。そんな五味さんは今回、日本初となる“ほっこりお化け屋敷”をプロデュースした。

画面に「都内某所の廃墟 ここには成仏できずにさまよっている女性がいる」との文字が映し出されると「怖いよ~」とつぶやくメンバー。その後、唱子と健司という高校生カップルの物語がスタート。2人は高校卒業後も交際を続けていたが、ある日唱子はのどの病気を患ってしまい、しゃがれた声しか出なくなってしまう。吸入器でのどを潤さないと声を出すことが出来なくなってしまい、健司との会話も成り立たない。その窮屈さが原因で2人は別れてしまう。

その後しばらくしたある日、唱子の元に健司から電話がかかってくる。健司は翌日に25歳の誕生日を迎える唱子と食事に行こうというのだ。唱子はかつて健司に「25歳になったら結婚したい」と言ったことを思い出す。この言葉を覚えていてくれたと唱子は感動するが、翌日知らない女から電話がかかってきて「ひどい声ね」とののしられてしまう。そして健司から連絡がくることはなかった。唱子は失意のまま亡くなってしまう……。

画面は唱子の自宅の前へと切り替わる。“ほっこりお化け屋敷”はこれからが本番で、唱子が成仏するためのメッセージを探し出すというミッションがメンバーに与えれられた。玄関ドアを開けると、ゴミと靴が散乱しており、いかにも何かが出そうな雰囲気。村上信五安田章大に向かって「ヤス、となり来てや~。となり来てよ~」と涙目で懇願。ほかのメンバーから「ソーシャルディスタンス!」とたしなめられてしまう。その後も包丁が刺さったまな板や冷蔵庫の中にある枯れた花束を見た村上は、「絶対あかんやん、こんなん」とギブアップ寸前。

そんな中、散乱した部屋の中で白い足が映り込む。そして固定電話に電話をかけるようにという指示が表示されたたため、丸山隆平が電話をかけると、固定電話から「お前は誰だ? なぜ電話をかけてきた? 私をバカにする奴は許さない」という声が流れてきて……。

インターネット上では「今日の関ジャニクロニクルFはただただ村上さんが可愛いという事実だけが記憶にこびりついています」「信五はかなり怖がりなのね。ギャップが可愛い」「村上さんのリアクションがただただ面白かった」と、本気で怖がる村上に反応する声が。また没入感あふれる恐怖映像に「怖いの苦手すぎて無理吐きそうww」「あーーーもーー普通にクロニクル見てたら怖くて寝れないじゃんけ」という反響も寄せられた。

次回9月7日の放送は「言われてみれば気になること」を集めてフォルダトークを展開する。