観月ありさ演じる最恐女将の“怪しい秘め事”描く「女将の部屋」『私たちはどうかしている』

公開:

浜辺美波横浜流星がW主演を務める『私たちはどうかしている』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)。このほど、観月ありさ演じる女将が主人公のオリジナルストーリー「女将の部屋」(全4話)が、8月19日(水)、第2話の地上波放送後からHuluで独占配信されることがわかった。

同ドラマは、累計発行部数300万部超の同名人気コミック(安藤なつみ・著)を初実写化したラブ・ミステリー。15年前に創業400年の老舗和菓子店「光月庵」の若旦那・高月樹(鈴木伸之)が殺され、ある日突然、加害者の娘になってしまった才能あふれる和菓子職人・花岡七桜(浜辺)。その引き金となったのは、被害者の息子である「光月庵」のクールな跡取り・高月椿(横浜)の“証言”だった――! 互いに初恋の相手だったというのに、離ればなれになった七桜と椿。そんな2人は15年の時を経て、運命の再会を果たすことに。しかも、椿は幼馴染だと気づかぬまま、七桜にプロポーズ。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま「光月庵」に乗り込むが、そこで待ち受けていたのは結婚に反対する女将・高月今日子(観月)の執拗な嫌がらせや、ドロドロのお家事情など、阿鼻叫喚の逆境で……。

和の美しさが咲き誇る和菓子店を舞台に、過酷な運命に翻弄されながらも惹かれ合う七桜と椿の不条理なラブストーリーと、事件の真相をめぐる複雑なミステリー&おどろおどろしい人間模様が交錯する本作は、放送スタート前からSNSなどでも注目の的に! 第1話でさっそく波乱含みのドラマが展開された。

そんな同ドラマでヒロイン・七桜をいびり倒し、一際異彩を放っているのが観月。今回が悪役初挑戦となる彼女が演じる “どうかしている”女将・今日子はこの夏、日本中の話題をかっさらう予感でいっぱいだ。

一人息子の椿が立派に「光月庵」を継ぐことに人生を懸けている今日子は、気位が高くて上品である一方、執念深くて敵に回すともっとも怖いタイプ。そんな今日子が、「女将の部屋」ではさらに暗躍!“地上波では描かれなかった「女将の部屋」での怪しい秘め事”が紡がれる。

その皮切りとなる8月19日配信の第1話では、何が何でも一人息子・椿を「光月庵」の当主にするため、厨房の動きもすべて自らの手中に収めようと画策する今日子と、野心家のベテラン職人・富岡勝(岡部たかし)の怪しい関係がどう始まったのかを描写。第1話の物語の2か月前。今日子は富岡を自分の部屋に招いた。そして、息子・椿の結婚を前に、厨房内で起こる全ての出来事を自分に報告するように求める。大旦那への忠誠心から拒絶する岡部であったが、今日子は巧みに篭絡していき……。

「女将の部屋」では、美しき最恐女将・今日子をより怪しく美しく描きながら、15年前の若旦那殺人事件にまつわる謎を解くヒントも随所に散りばめられている。

<観月ありさ コメント>
Huluオリジナルのアナザーストーリーということで、本編とは違った今日子の魅力を出していきたいと思っております。地上波では見られない今日子がたくさん詰まった「女将の部屋」を是非お楽しみ下さい!

■配信情報
【第1話】2020年8月19日(水)地上波第2話放送後からHuluで独占配信
【第2話】2020年9月2日(水)地上波第4話放送後からHuluで独占配信
【第3話】2020年9月16日(水)地上波第6話放送後からHuluで独占配信
【第4話】2020年9月23日(水)地上波第7話放送後からHuluで独占配信