田中圭が“癒しのスマイル”で赤ちゃんを抱っこ…「つまみに何杯でも飲めるやつ」の声『アンサング・シンデレラ』

公開: 更新:
金澤美穂、西野七瀬、石原さとみ
金澤美穂、西野七瀬、石原さとみ

石原さとみが主演を務める木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の3話が、7月30日に放送。インターネット上では、田中圭の様々な表情が見られて喜ぶ視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津(よろづ)総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師として、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

相原くるみ(西野七瀬)がみどり(石原)と救急センターで仕事中、小学校教師で透析患者の新田奏佑(浅利陽介)が搬送された。瀬野章吾(田中)にフォローされて、手術を終えたため、くるみはみどりに「何もできませんでした。やっぱり向いていないですね」と落ち込む。薬剤部に戻ると、産休中の薬剤師が赤ちゃんを連れて来ていた。瀬野がニコニコと抱っこしていると、みどりは「そういう顔、ちょっとはこっちに分けてくださいよ~」とクレーム!?

その後、みどりとくるみは、入院することになった新田に服用している薬について質問。彼は大量の薬を持っており、24時間空いているドラッグストアで処方をしてもらっているという。その中で、本来手を施してはいけない薬が、半分に割られて処方されている形跡が見つかった。

みどりは真相を確かめるべく、ドラッグストアに出向いて話を聞くことに。そこには、行きつけの飲食店「娘娘亭」の常連客・小野塚綾(成田凌)が薬剤師として働いていた。彼は病院薬剤師を嫌い、みどりの“患者と向き合う”という仕事のスタイルに苦言を呈する。ドラッグストアはレジ間だけのやりとりが多く、小野塚は、透析治療を受けながら、忙しい仕事の合間を縫って薬を受け取りに来る新田に対して、何もできないでいたのだ。それでも「何のために薬剤師になったんですか?」と食い下がるみどりに「病院の理想を外に振りかざしてんじゃねーよ」と捨て台詞を吐いた。

病院に戻り「自分のやり方が間違っているのか」と落ち込むみどりに、瀬野は「お前のやりたいことじゃなくて、患者がしてほしいことをやれよ」とアドバイスを送る。そんな中、新田が行方不明に。飲むべき薬を飲まずに病院を抜け出したため、みどりは藁にも縋る思いで小野塚に連絡。小野塚は冷たくあしらうが、今日が新田の勤務する小学校の運動会であることに気づく。何かに突き動かされるように小学校まで走った小野塚は、そこで新田が倒れているのを目撃し119番。みどりが働く病院へ搬送された。

ロビーで瀬野と鉢合わせる小野塚。瀬野は、救急隊員に的確な指示を出した小野塚を認めたものの、小野塚は「全然ダメだった。何もできなかった。俺はあんたたちと違う」とその場をあとにした。

新田の退院後、お礼を述べに再び小野塚のもとを訪れたみどり。小野塚は薬剤師の資格を取るため、大学で6年間、奨学金を使って通ったと告白。ドラッグストアに就職して3年働けば肩代わりしてもらえるため「俺は理想じゃなくて現実をとった」と回顧した。認定薬剤師の資格の勉強もしたが、夜勤のワンオペをしていると「(気持ちが)続かない」という。やさぐれる彼にみどりは「どこにいてもどんな境遇でも、必死に理想を追及する人はいると思います」「私は理想の薬剤師を目指していくつもりです」と、新田のことを任せると頭を下げた。

みどりが帰ったあと、小野塚は研修中のことを思い出していた。じつは、瀬野のもとで勉強していた小野塚。当時、彼の仕事ぶりに感動して声をかけると、瀬野から「救ったのは医者だよ」と言われたことを思い出す。そして少しずつ心境に変化が訪れる……。

ネット上では、瀬野が赤ちゃんを抱く姿や、小野塚との過去のシーンが出たことから「ちょっ! 過去の瀬野さん出てくるって聞いてないよ その悩殺スマイル 困ります(もっとください)」「圭くんのとびきりの笑顔、めっちゃ癒しです」「赤ちゃん抱っこしてる圭くんとか、つまみに何杯でも飲めるやつじゃないか!!」といった声があがっていた。

画像ギャラリー