竹中直人&村上弘明、大河ドラマ『秀吉』の撮影秘話を告白!名場面も公開

高橋英樹川島明麒麟)がMCを務める『麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル』(NHK総合)が、7月12日(日)20時から放送。この日はゲストに、竹中直人松村邦洋村上弘明を迎え、大河ドラマ『秀吉』を取り上げる。

同番組は、長谷川博己が明智光秀役で主演を務める大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』(NHK総合・毎週日曜20:00~)が放送休止中、過去に人気を博した“戦国大河ドラマ”の名場面集を公開する。

竹中が豊臣秀吉をエネルギッシュに演じて話題を呼んだ、1996年放送の『秀吉』。竹中に加え、渡哲也が織田信長役、村上が明智光秀役で出演。「心配ご無用!」のセリフは流行語になった。

また、秀吉がなりふり構わぬアピールで信長の家臣に抜擢されるシーンや、妻・おねの心を手に入れる名場面、ライバル・光秀との人間関係は見ごたえたっぷり。野際陽子演じる光秀の母の悲劇も注目を集めた。今回は、そんな名作に出演した竹中と村上が、当時の撮影秘話を語る。

PICK UP