星野源がガッキーにキス!「このシーン何度見てもいい!」と視聴者大盛り上がり『逃げ恥』特別編第6話

公開: 更新:

新垣結衣星野源が共演する『逃げるは恥だが役に立つ ムズキュン!特別編』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第6話が、6月23日に放送。先週の第5話も視聴率10.2%(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、特別編は全話10%を超えるなど根強い人気を見せている同作。第6話は森山みくり(新垣)と津崎平匡(星野)の温泉旅行が描かれたが、ラストで二人がそれぞれ相手への思いを心の声で語るシーンにインターネット上では「切ない!」と大盛り上がりだった。

海野つなみの人気コミックを、野木亜紀子脚本で連続ドラマ化した本作。真面目で頑張り屋だが、派遣切りにあって無職のみくりが、ひょんなことから、恋愛経験のない独身サラリーマン・平匡と「契約結婚」をすることから起こるさまざまな出来事を描いたラブコメディ。

「特別編」第6話でみくりと平匡は、百合(石田ゆり子)から、伊豆修善寺のペア温泉券をプレゼントされるが、うまく断る理由を見つけられず二人で旅行に行くことに。“社員旅行だから”と言い聞かせながら伊豆に向かう二人。いざ旅館の部屋につくと、ツインの部屋のはずがダブルベッドの部屋に……。百合が気を利かせて変更したという事実に、驚き慄く平匡は狼狽し、激しく否定。SNS上では「めっちゃブルブルしてる」「平匡さん眼鏡カチカチしすぎ!」と反響。

さらに平匡は、会社の同僚・日野秀司(藤井隆)が差し入れに「滋養強壮剤・とぐろターボ」3本を荷物に忍ばせたことを知り大慌て。みくりにバレないようにコミカルな動きを見せる平匡にも「動きやばすぎ」「とぐろターボ蹴らせたら平匡さん日本一!」とコメントが相次いだ。

コミカルなシーンが多かった第6話だが、その後は切ないシーンが続く。「とぐろターボ」の存在を知り悶々とするみくりは、ダブルベッドで一旦は一緒に寝るものの、平匡がおもむろに起き上がり、アイマスクにイヤホンをして一人で床に寝てしまう姿に落胆。みくりは「あたらしき、したぎむなしい、秋のあさ」と鏡に書くと「みくりさん可哀そう!」「おーい平匡、どれだけビビってんだよ」「このシーン何度見てもドキドキする」とみくり、平匡両方の視点からの意見が入り混じった。

帰りの電車、みくりはこうした平匡の行動に「平匡さんに私は何を求めているんだろう。いつも私の思いばかり」と傷心。一方の平匡も、旅館で偶然会ったみくりの元カレに対し「元カレには腹も立たなかった。自分の方がみくりさんを知っていると思ったから」とみくりへの思いが募る。

そして二人とも電車が駅についてしまったことで、また日常が戻り従業員と雇用主の関係に戻ることが分かっているため「永遠につかなければいいのに」と心で願う。しかし電車は無情にも駅に到着。旅の終わりを告げようとするところで、突然平匡はみくりの手を握りキスをする。この展開はすでに多くの視聴者は知っている場面だが「ききききっすー!!」「ああああああああ」「いいぞ平匡!!」「このシーン何度見てもいい!」という発言が続いた。

エンディングの「恋ダンス」では、新たに沼田(古田新太)たちが行きつけのバーのマスター・山さん役の古舘寛治が参戦。「マスター!!」「山さん~」「古舘さん来たー」と最後まで盛り上がりをみせていた。