今田美桜、ムロツヨシに恋!?“親友”永野芽郁との再共演にも期待『親バカ青春白書』

公開:

ムロツヨシ永野芽郁が親子役で出演する、8月スタートの日曜ドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。このほど、今田美桜が出演することがわかった。

本作は、原作なしのオリジナルドラマで、『今日から俺は‼』などでおなじみの笑いのヒットメーカー・福田雄一が脚本統括・演出を務める。同級生となった、たった二人の「父と娘の親子」が、大学生活で絆を深める家族の愛の物語。核家族の時代からこそ、父であり、母であり、祖父母でもあり、ともだちであり、同級生でもある父と娘の、とっても微笑ましい「家族の愛」を描く。ムロと永野のほか、中川大志新垣結衣の出演が決まっている。

今田の日本テレビの連続ドラマのレギュラー出演は、2019年1月期の『3年A組ー今から皆さんは、人質ですー』以来、1年半ぶり。またヒロインの永野とは、『3年A組』『僕たちがやりました』(フジテレビ系)などのドラマや、映画『君は月夜に光り輝く』などでも共演をしており、ムロとは初共演となる。

今田が演じるのは、ムロ演じる小比賀太郎(おびか・たろう、通称ガタロー)と永野演じる小比賀さくら親子が通う大学の同級生・山本寛子(やまもと・ひろこ)。今田本人は福岡県出身だが、今回の役どころは広島県出身という設定だ。東京に強い憧れをもっており、晴れて大学生になり、広島から上京する。さくらにとって、寛子が初めての大学の友だちとなり、その後親友になる。プライベートでも仲が良い2人だけに、永野と今田の親友コンビには要注目だ。

また、新入生として東京の学生生活を楽しむものの、危ない場面でガタローに助けてもらったことをきっかけに、ガタローに惹かれ始める一幕も。はたして、「親友の父親」と恋愛が始まる可能性はあるのか……!?

<今田美桜 コメント>
――このドラマの意気込みを教えてください。

私自身、大学には通っていなかったので、授業のシーンやサークルのシーン、学食のシーンなど、今回の撮影で大学生活を体験できるので、とてもわくわくしています。強気なところもありながら、人のことをよく気にかけている優しい寛子を、福田さん演出のもと、ムロさんをはじめとする皆さんと楽しく演じられたらなと思います。ムロさんとは初めましてですが、ずっと作品を見させて頂いていたので、この収録を楽しみにしてました!! ムロさんの親バカぶりに寛子たちがこれからどんなふうに振り回されるのか、ドキドキします! 

永野芽郁ちゃんとは1年ぶりに共演させてもらうのですが、前回はあまり仲のいい役ではなかったので、今回お友達だね! なんて言いながら撮影が始まるのを楽しみにしていました! 芽郁ちゃん演じるさくらの天然なところに、どんどん突っ込んでいけたらなと思います! 

――こんな親子の同級生が、身の周りに実際いたら、どう思いますか?

小比賀親子はとても仲が良く、お父さんからも娘のさくらからも愛情がとても感じられるので、ステキな関係だなと思います。実際に周りにいたら絶対仲良くなりたいです! 絶対たのしい大学生活になると思います!!

<プロデューサー・高明希 コメント>
昨年、福岡放送50周年記念ドラマで、福岡出身ゲストとして初めてお会いしたんですが、今田美桜さんのあまりの可愛らしさに、異次元かと思ったのを覚えています。広島出身で気の利く姉御肌な寛子という役どころを、彼女がどんな風に演じるのか、また違った美桜さんの魅力をご覧頂ければ幸いです。