有吉のアンジャッシュ児嶋イジリにマツコ「標的が相方に替わった」とツッコミ『かりそめ天国』

マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週金曜20:00~)が6月19日に放送。冒頭から渡部建アンジャッシュ)をイジり倒したことから、インターネット上では「あんな感じで渡部をイジリ倒せるのはこの番組しかない!」と絶賛する声が多数上がっていた。

いつもと異なり、スタジオに用意されたキッチンセットと山盛りの食材を見た有吉は、「いいポン酢はあるかな?」と物色。マツコもそれに乗っかる形で「撲滅運動やられてる方が大人しくなってね、最近ポン酢の売上げいいみたいよ」と、以前番組内でポン酢をめぐって有吉と渡部がやり合ったことを回想させるかのようなトークを交わした。

有吉から、「まずは何だ? 渡部さんの話からか?」と切り出し、この日は渡部の報道が出た6月12日に収録されたことを明かした。マツコも、「まあね。通らないわけにはいかない部分ではあるわよね」と頷くと、「さっきニュースを見ていたら、“渡部さんの代わりに相方の児嶋(一哉)さんがラジオに代打出演。発言が注目される”って。……されねーよ、大したこと言わねぇんだから。すみませんて言うだけだよ。しょーもないあおりしやがって。大したことを言わねぇのが児嶋さんなんだから」と有吉。「標的が相方に替わった」とマツコが突っ込むと、「弱ってる奴をこう叩く気はあんまないから。でも、この番組だけじゃない? まじで渡部さんを叩いていたの。渡部さんが好感度が高いさわやかタレントだなんて、一言も言ったことがないもの」と毒舌だ。

するとマツコが、「もう、ヒューマンステージ? “ヒューマンステージが置き土産”ってさすがですよ。この番組のキラーコンテンツだったから」と渡部の不在を嘆くと、有吉も「そうなんです。悪党は番組に必要なんだけど、“大悪党”になっちゃうとなかなかね。悪役じゃないとダメなんですよね、大悪党だからね、あれは」と同意して2人は大爆笑。マツコは「そうね、だからちょっと手間暇を惜しまずに“小悪党”探しをしないとね。誰かを見つけないと」と語った。さらに有吉は、「だから渡部さんが予約してたお店今どうなってるかチェックしようかと思ってるんだよね、『渡部さんの予約ってどうなってます?』って」と言えば、マツコも「わかったら教えて。お金は自分で払うから。お店にとってもその方がいいしね、キャンセル出ないんだから」と乗っかり、「今ここがグルメマフィアに入会するチャンスだから」と有吉がイジリ倒した。

その後の視聴者投稿では、「35万人が挑んだ大富豪の隠し財産がついに発掘された」という話題が紹介され、世界の財宝は本当にあるのかを検証。徳川埋蔵金はもうないのではないかといった流れから、有吉が幼少期にビックリマンチョコを隠して弟とその友達に探させていたと思い出を語った。番組の後半では、せっかくだからキッチンを利用しようと、2人で副菜を3品も作り上げるなど、いつも以上に盛りだくさんの放送回となった。

ネット上では、「あんな感じで渡部をイジリ倒せるのはこの番組しかない!」「2人の渡部あしらいが素晴らしかった」「本当に毎週面白いのだけど、今日の回は本当に狂ったように面白い」「ほんと今回1時間ずーっと笑ってた」「ゆるゆるキッチンタイムめっちゃ楽しい!」「マツコさん手際良いなあ」といった声が寄せられていた。

PICK UP