安室透、怪盗キッド…『名探偵コナン』大好きなぼる塾・田辺、“推し=神”発言にネットは「私の気持ちを代弁してくれた」の声

公開: 更新:

ぼる塾田辺智加が、6月17日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)に出演。『名探偵コナン』愛を爆発させた。

共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCのフットボールアワー後藤輝基SHELLY指原莉乃らがトークを繰り広げる同番組。今回は「名探偵コナンを愛しすぎる女」と題して、同作のファンである田辺、演歌歌手・水森かおり、2013ミス・ユニバース日本代表の松尾幸実が登場した。

推理アニメとして人気を博している『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)だが、怪盗キッド(声:山口勝平)、安室透(声:古谷徹)、赤井秀一(声:池田秀一)らイケメンキャラも多く、現在は20~30代女性からの支持も大きいという。特に松尾は、「忙しすぎて、大人になってから娯楽を楽しめない人間になってしまった」と落ち込んでいたところ、映画『純黒の悪夢』で安室に出会い「彼を幸せにするために生きる」と決めたという。田辺もコナンにハマったきっかけが安室であり、友人から「イイ男がいる」と合コン感覚で紹介されたとのこと。そんな田辺はキッドが好きで「胸キュンセリフがトンデモナイ!」と語った。

ここで後藤から、工藤新一(声:山口)と安室から告白されたら“安室派”なのか問われた松尾は、ファンの通称「安室の女」ではあるものの「恋人になりたくないタイプ」と語る。安室は、守秘義務がある公安警察のため、彼の気持ちが分かる同僚や関係者の方が良いのでは……と述べた。水森は“癒し”の存在として支えることもできるとし「頑張ろう! いけるよ!」と声をかけて笑いを誘った。

そんな水森は赤井の大ファン。同じく妄想恋愛してみると、頭がキレすぎることから「相手も頭が良い人がいい」とし、指原をおすすめ。一方、キッド好きの田辺も、交際はしなくて良いとし「モブというか、ファンの一部でいい」と熱弁。「推しというのは神なんですよ。だから神とは付き合えない」とした。

安室からコナン好きになった田辺は、彼のセリフ「僕の恋人はこの国さ」というセリフで、清掃員のアルバイトにも身が入り「安室さんが好きな国をキレイにしよう」と頑張れたという。彼女の言葉に「納税とか消費税がうれしくなっちゃう」と松尾。「安室さんが守っている国で納税できるなんて!」と話していた。

インターネット上では、アニメも振り返りつつトークを展開する内容に「最高でした」「推理面と恋愛面の2台看板のうち、どちらから入ってても楽しめる作品」といった声が。また田辺のキラーワードの数々に「私の気持ちを代弁してくれた言葉」「コナンはあまり知らないんだけどわかりすぎるほどわかる」「田辺さんの意見全部同意できちゃう」といったコメントがあった。