吉川晃司、立ち姿が美しすぎる犯罪心理学者役にネット上では「同じ民族と思えない」の声『探偵・由利麟太郎』

公開:

吉川晃司が地上波連ドラ初主演を務める5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)が、6月16日にスタート。インターネット上では、吉川のたたずまいや所作に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

昭和を代表するミステリー作家・横溝正史が「金田一耕助」よりも前に生み出していた伝説の名探偵・由利麟太郎を初めて連続ドラマ化。京都を舞台に、冷静沈着な白髪の紳士・由利麟太郎(吉川)が、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)とともに、数々の奇怪な難事件に挑むホラーミステリー。由利の旧友でもある京都府警の等々力警部役で田辺誠一も出演している。

犯罪心理学者の由利は、捜査一課長の刑事だったものの、ある事件をきっかけに退職。現在は、学生時代に過ごした京都へ移り住み、犯罪心理学の本を執筆しつつ、警察からの依頼を受ければ、助手の三津木を従えて事件捜査を手伝っている。彼の捜査方法は、アメリカのロッキー山脈で出会ったハンターから学んだトレース技術に基づくという。

ある日、三津木のもとに花髑髏と名乗る人物から殺人予告メールが届いた。「先生に挑戦状を叩きつけるなんていい度胸……てか、世間知らずのバカですよ」と話す彼だったが、由利は興味を持ったのか、早速指定されたごみ処理場へと向かった。

そこで血が滴る冷蔵庫を発見すると、中にはナイフで刺され気を失っている女性の姿があった。彼女の名前は日下瑠璃子(新川優愛)。瑠璃子はイラストレーターで、遺伝子研究者として知られる日下瑛造(中村育二)の養女だった。等々力警部と合流した由利らは、彼女が住む屋敷へ入ると、そこには大量の血が付着したコートが。さらに離れの研究室では、瑛造が胸を刺された状態で死んでいた。死体のそばには、血で染められた頭蓋骨とキンセンカが残され、まさに「花髑髏」の光景だった。

意識を取り戻した瑠璃子から話を聞くと、いつもは友人の家を泊り歩いている彼女の兄・瑛一(長田成哉)が、事件当日の朝に帰ってきたものの、瑛造とケンカをし、家を飛び出したという。ケンカの原因は、養女の瑠璃子との結婚。すぐさま、瑛一の衝動的な犯行だと疑われるが、由利は短絡的な殺害ではなく、計画的な犯行だと推測する……。

ネット上では、放送開始直後から「吉川晃司」がトレンドワードに浮上。冷静沈着に事件を解決するだけでなく、オープニングで見せたロングコートを着て弓道を楽しむ吉川の姿に「しっかしカッコイイな!!! 同じ民族とも思えない」「良い男は立姿が美しい」「日本人の中で一番ロングコートが似合う男」の声が。また「・プロ野球始球式の『吉川晃司』・誘導馬に騎乗する『吉川晃司』・稲刈りをしている『吉川晃司』・弓を引き的を狙う『吉川晃司』」と、まさに“絵になる吉川”を写真付きで紹介するツイートも。

また、志尊とのバディについては「ナイスキャスティング!」「吉川晃司のかっこよさと志尊淳のかわいさを愛でるドラマだわこれ」「歳の差バディ萌え」と絶賛するコメントが相次いでいた。