竹財輝之助演じる翔太、恋人がいながらも合コン三昧で…『東京男子図鑑』第2話

竹財輝之助が主演を務め、日中共同プロジェクトとして制作されたドラマ『東京男子図鑑』(カンテレ、毎週木曜24:25~※関西ローカル)の第2話が、5月7日に放送される。

本作は、主人公・佐東翔太が東京を舞台に、金と仕事と女に奮闘しながらサバイブしていく “東京男子”の成長と心理をリアルに描いた物語。職場の後輩でやがて翔太と恋仲になり、人生のどん底に落ちた翔太を優しく支える女性・藤崎瑠璃子を市川由衣が演じるほか、森岡龍落合モトキ牧田哲也山中崇らが出演する。

<第2話あらすじ>
2002年、翔太25歳。渋谷で上司の林(39=瀧川英次)と同期の小島(25=落合)と女性数人とボウリングをしていた。決してうまくない林。翔太はさらにヘタで1ピンを倒すのが精いっぱい。林は女性と先に帰り、翔太と小島も帰ろうとした時、最後に翔太が投げた一投はさっきとはうってかわって見事なストライク。すると隣のレーンから里香(26=愛加あゆ)が拍手をしている。

池尻に住む翔太の家に一緒に帰り、一夜を過ごす2人。それがきっかけで恋人同士になる。しかし翔太は相変わらず林と合コンするなど、遊びも忘れていない。ある夜、合コンの帰り、知り合った女性と一緒に帰る翔太の目の前に、別の男と仲良く歩く里香が現れた。お互い無視してすれ違い、その翌日、何もなかったように会う2人だが……。

PICK UP