「ケンミン春のパン祭り」第3弾!岩永徹也も絶賛「佐世保バーガーよりソウルフード!」なサンドイッチとは?

久本雅美田中裕二爆笑問題)がMCを務める『秘密のケンミンSHOW極』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜21:00~)は、恒例企画「ケンミン春のパン祭り」第3弾。今回もケンミンが長年愛してきた謎のパン3品が登場する。

長野県「牛乳パン」は、ふわふわ生地のパンに、口当たりの軽~いクリームをはさんだジャンボ菓子パン。存在感バツグンの大きさがあり、長野県内の600以上の店舗で販売されるほど、ケンミン熱愛の菓子パンだという。長野出身の乙葉も「ペロッと食べられちゃうくらい軽いんです」といい、小さい頃から家族と食べていたパンのおいしさをアピール。その魅力を聞き、スイーツ大好きの的場浩司(埼玉出身)は興味津々に!

続いては熊本県のネギがパン生地に練り込まれた「ネギパン」が登場。しかも、パンに挟んだ具材も衝撃的!? 昭和27年創業の地元パン屋さんでしか作っていないといい、「他にはない、熊本の味!」とケンミンたちは自慢。熊本出身の元Jリーガー・巻誠一郎もよく食べているといい、そのおいしさを説明しながらゲストたちに振る舞うと、みんな感動! 熊本ケンミンによると、唐揚げやポテトサラダ、豚の角煮を挟んで食べるのもオススメらしく……!?

また、長崎ケンミンの間では「佐世保バーガーよりソウルフード!」という人もいるほど、1806年創業の老舗デパートで販売している大人気サンドイッチ「玉屋のサンドイッチ」を紹介。半世紀以上も愛される看板商品だといい、おいしさの秘密はマヨネーズに隠されているらしい!? 長崎出身の俳優でクイズ番組でも活躍中の岩永徹也も長年愛される魅力を伝え、試食したゲストたちもマヨネーズの秘密に驚きの声をあげる。