滝沢カレン、犯罪にも利用されるiPhone便利機能に「怖いんですけど…」

滝沢カレンがレギュラー出演する『ソクラテスのため息〜滝沢カレンのわかるまで教えてください〜』(テレビ東京系、毎週水曜22:00~)が、4月1日に放送。iPhoneの便利機能が犯罪に使われていることを知り、驚く一幕があった。

「滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解できる!」というコンセプトのもと、経済情報や話題のニュースなど、いまさら聞けない疑問や分かっていないことを、ソクラテス軍団から学ぶ新感覚のお勉強バラエティ。レギュラー出演者は、滝沢、おぎやはぎ小木博明矢作兼)、村尾信尚の4人。ゲストは、サンシャイン池崎北斗晶で、今回は、ご近所&スマホトラブルについて学んでいった。

まずは、騒音トラブルについて。アパートやマンションの騒音トラブルは、相手に直接物申すことができるかどうか専門家へ聞いてみることに。弁護士は、不動産会社や管理人など、第三者から言ってもらうことでかなり抑えられると語る。できるだけ証拠を残すことが大事で、それでもおさまらなければ、裁判所や警察などに相談すれば良いとアドバイス。

スマホのトラブルでは、近年、キャッシュレス決済が導入されているが、それを目当てに、歩きスマホをしている人のスマホをひったくるケースが相次いでいるのだとか。理由は操作中のため、ロックが解除されているから。そのままクレジット機能を利用されてしまうという。

さらに、スマホを手に入れるだけで、持ち主が過去にどこへ行ったのか勤務先や自宅が特定されると紹介。iPhoneの場合「設定ボタン」を押して「プライバシー」を選択。「位置情報サービス」、最後に「システムサービス」から「利用頻度の高い場所」を押すと、約1か月半の行動範囲が表示されるとのこと(履歴を消去することは可能)。この話を聞いたカレンは「怖いんですけど」と顔を覆った。

SNSトラブルの勉強ではクイズ形式に。4月1日10時、SNSに「明日からプーケットに4泊5日の旅行です!」と書き込んだ場合、どんな事件に巻き込まれるか考えてみることに。カレンは乗り気になり「限りなくありますけど……数字が4月1日になっているんですね。これは広くなるぞ……」と推理を始める。最終的に「4月1日(エイプリルフール)にこんなツイートする人いませんよね?」と答えたが、まったくの見当違い。正解は、家を空けることが分かってしまうため、空き巣に狙われてしまうということだった。

PICK UP