内野聖陽、柄本佑らが前代未聞のハイテク×時代劇の舞台裏ドラマに挑む!

公開:

内野聖陽が主演を務めるスペシャルドラマ『スローな武士にしてくれ〜京都 撮影所ラプソディー〜』(NHK総合)が、3月20日(金)22時から放送。あの池田屋階段落ちのシーンを、新技術で華麗によみがえさせる。

水しぶき一滴まで鮮明に写るスーパースローや、屈強な体を要するマシンで撮る壮絶チャンバラ、ワイヤーアクションで宙を舞う池田屋階段落ちなど、かつて人々を熱狂させた活劇を、最新技術で前代未聞の映像としてよみがえらせ、前代未聞のハイテク×時代劇の舞台裏ドラマとして制作。内野のほかに、柄本佑中村獅童水野美紀藤本隆宏浜田晃佐川満男本田博太郎伊武雅刀石橋蓮司里見浩太朗らが出演する。

<あらすじ>
舞台は、京都の歴史ある撮影所。そこにある日、NHKから「最新鋭の技術を駆使して新番組を撮ってほしい」という依頼が舞い込む。

山のようなハイテク機材とともにNHKから派遣されてきた男・田所(柄本)は、人並み外れた時代劇マニア。到着するなり、幕末の「池田屋事件」をドラマにしたいと言いだし、撮影所の活動屋たちを仰天させる。さまざまな困難が予想される新技術の撮影現場で、売れっ子俳優を起用すると面倒なことになりかねない。

そこで撮影所長は、切られ役専門の大部屋俳優・シゲちゃん(内野)を抜擢、新技術満載の過酷なアクションシーンを撮影することに。しかしシゲちゃんは、殺陣は超一流にも関わらず、なかなか芽が出ない理由があったのだ。

しかも撮影にあたるのは、ハイテクとは無縁の高齢スタッフばかり。次々と持ち上がるトラブル、難題を乗り越えて迎えるクライマックス、世界最先端のハイスピードカメラとワイヤーアクションで前代未聞の池田屋階段落ちに挑む。シゲちゃんと活動屋たちは、はたしてハイテクの試練を乗り越えることができるのか?