関ジャニ∞横山裕&パンサー向井慧らが虐待を考える!今、日本の子育てに何が起きている?

横山裕関ジャニ∞)、向井慧パンサー)、眞鍋かをり、ルポライターの杉山春が出演する『#もしかしてしんどい?~虐待を考えるキャンペーン特番~』(NHK Eテレ)が、2月29日(土)21時から放送される。

2019年11月に始まった「#もしかして…虐待を考えるキャンペーン」。NHKでは、2月に総合、Eテレ、ラジオ、とNHKのメディアを横断して、さまざまな番組で子供の虐待について取り上げてきたが、キャンペーンの集大成となる同番組では、視点を広げ、虐待が起きる背景に目を向ける。

「もしかしたら、自分も虐待をしてしまっているのではないか」と思い悩む親は少なく、NHKの子育て番組には、そんな親の声が多く寄せられているという。今、日本の子育てに何が起きているのか――。親たちが感じている息苦しさを明らかにし、子育てを家庭という閉鎖した空間から、社会に開いていくことの必要性を訴えることに。子供だけでなく、親も「助けて」と言える社会になるためにできることを考える。

まずは、「子育ては大変!」といいつも、「自分の子供を傷つけちゃうほど大変というのはよく分からない」という人のために、「子育てで追い詰められていく状況を会社の仕事に例えたドラマ」を紹介。

また、妻が子供に手をあげてしまい、子供が児童相談所に保護された夫婦のドキュメントも。一見ごく普通の家庭で、とても子供を可愛がっていた妻に何が起きたのか、夫はなぜ妻の異変に気付かなかったのか、夫婦の話を聞く。

さらに、専業主婦をターゲットにした託児所を取材。親が「助けて」と言えない理由は、「親なのに」という罪悪感にあるという。罪悪感はどこからくるのか、どうすれば取り払えるか考える。

そして、社会に求められる支援に着目。子供が一時保護などに至るまえに、困っている親子を支える栃木県日光市の先進的な事例を紹介する。

PICK UP