フジ榎並大二郎アナらが「東京マラソン」に挑む様子に密着!「コンプレックスマンの生き様をお見せします」

公開:
フジ榎並大二郎アナらが「東京マラソン」に挑む様子に密着!「コンプレックスマンの生き様をお見せします」

フジテレビアナウンサー5人が「東京マラソン2020」に挑む番組FODアナマガ『Road to 東京マラソン~SHOW アナ STORY~』が、フジテレビの動画配信サービスFODにて、2月1日(土)より初回無料で配信されている。

FODアナマガ『Road to 東京マラソン~SHOW アナ STORY~』は、フジテレビアナウンサー5人が、3月1日(日)に開催される「東京マラソン 2020」へ出場するまでの日々と大会当日までを追った密着ドキュメント。市民参加型マラソンとしてはトップクラスのイベント「東京マラソン」に5人のアナウンサーがエントリー。若手からベテランアナウンサーまで、男女5人のランナー決定の瞬間から、トレーニングの日々、そして大会当日までを完全密着。自ら過酷なレースへ飛び込み、挑戦へと奮い立たせたそれぞれの思いに迫っていく。

2月1日配信の#1「東京マラソンにかける男」(無料配信)では、「東京マラソン」のランナーとして真っ先に立候補した榎並大二郎アナウンサーが、共に挑戦するアナウンサーを募集する様子を配信。#2「選ばれたランナー」では、女性アナウンサー代表の佐々木恭子アナウンサーをはじめ、走ることに熱い思いを抱く残り3人のランナーが決定。5人のアナウンサーが挑む人生の物語の1ページを、マラソンを通じて紹介していく。

榎並アナと佐々木アナのコメントを以下に、紹介する。

<榎並大二郎コメント>
“肉体派”を装っている私ですが……人生で一度もリレーの選手に選ばれた事がなく、高校入学まで25mすら満足に泳げませんでした。そんな人間に残された術は“忍耐”。高校で遠泳部に入り、ひたすら練習に耐え、大学卒業の頃には30km・10時間泳げるようになりました。ひとつコンプレックスが消えたので、次は陸。コンプレックスマンの生き様をお見せします。……といったように、今回それぞれの思いを胸にアナウンサー5人が走ります。ペースはバラバラですが、心はひとつ。素晴らしい舞台で走らせていただけること、そして見てくださる全ての方への感謝を込めて、一歩一歩前へ進みます。私たちの軌跡をご覧いただけたら幸いです。

<佐々木恭子コメント>
「やればできる!」そう信じて生きていたいと思っています。でも……「できない」理由を探すのが、どんどん得意にもなります。年齢、母ゆえの練習時間の確保の難しさ……。今回の挑戦は、その壁を越えてみたいのです。できてもできなくても、一歩進めば必ず風景が変わることを見てみたい。そして、そんなかあさんの背中を、子供に見せていたいのです。練習を始めてから、既に会話量が5倍になったアナウンス室の同志と共に、苦しいときにあと一歩! 進んでみます。

画像ギャラリー